クロアチア旅行記⑤小さな島のような?!世界遺産の街「トロギール」

クロアチア旅行、続いてます。

6日目は、午前中にスプリット、ディオクレティアヌス宮殿のリベンジを果たして
午後は次の目的地へと移動しました。
スプリットから車で1時間かからなかったかな…

トロギール


ここもまた世界遺産に登録された街で、その起源はさかのぼることギリシャ時代。
まるで小さな島のような街でした。

20161016 2

実は、島のように見えるけど、元は島ではなく、防衛目的で堀が作られ現在の島のような形になっているそうです。

20161016 19 1
(陸側からこんなお堀にかかる橋をわたって、旧市街へアクセスします)

旧市街の周りは城壁に囲まれ、その中は石畳の路地が複雑にめぐらされ迷路のようになっています。
が、小さな「島」なので、2~3時間もあれば満喫できるかも!

20161016 13
南門

「どっちに行く?あっち?」
家族と相談しながらの街歩き。
まるで巨大迷路を歩くような感覚に襲われますが、目に入ってくる何気ない景色がなんとも面白いのです。

20161016 16

のどかすぎて、思わず一休みしたくなるような階段や
ドゥブロヴニクでも見かけたアートさながらに干された洗濯物、
店先のこんな老夫婦にも癒されたりして

20161016 17
(一瞬、本物かと思います)

観光客で賑わうドゥブロヴニクやスプリットと違って、のんびりゆったり流れる時間がそこにありました。

20161016 15
(井戸?の傍らで、のびのびと寝る猫)

また、そう広くはない小島の中には、さまざまな建築様式の建物を見ることもできます。
一番印象に残ったのが、
市庁舎広場にある聖ロヴロ大聖堂(Katedrala sv. Lovre)

20161016 5

13~15世紀にかけて建築された大聖堂で
高くそびえる鐘楼は、17世紀に現在の形になったそうですよ。
1階~3階にかけて段々と完成していったので、ゴシック様式~ルネサンス様式とその建築様式が階ごとに違うのもおもしろい!

お約束ですが、鐘楼に上ってみました。

20161016 9

↑下から見上げてみたところ。
逆に頂上から下を見たところ↓

20161016 10

周りがスカスカで階段もあやうくかなりの恐怖だった、スプリットの大聖堂鐘楼よりも
壁がそこにある分、上りやすかったかな?

20161016 11

鐘を間近に見ることができる鐘楼の頂上からは、トロギールの旧市街と港が一望できます。

20161016 12

このへんの眺めは、ドゥブロヴニクの城壁からのそれに比べると見劣りしてしまいますが
それでも実際は素晴らしかったです。

ロヴロ大聖堂の見どころのひとつ、と言われているのがこの正面入り口に施された彫刻です

20161016 6

13世紀の作品なんですって。
アダムとイヴが左右に彫られていました。

内部も立派で、特にこちらの礼拝堂は天井の彫刻がかなり面白いです。

20161016 8
(ひとり穴から顔を出している方も)

また、写真中央石造りの説教壇も13世紀のものだそうです。
スプリットの大聖堂同様に八角形

20161016 7

奥には宝物室がありました。(写真撮影不可)

またこの大聖堂と同じ広場には、観光案内所が併設された市庁舎があります。
13~14世紀の建物で、中庭を見学することができるそうです。

20161016 3

またこの広場にある時計塔
15世紀に建てられた聖セバスチャン教会の時計塔で、今も現役!!

20161016 4

また時計塔横の屋根付きの小さなスペースはロッジアと呼ばれ、ここの柱↑は
2000年前のものだそうですよ~

また、海(実際は運河らしい)沿いの通りはカフェがレストランが多く
クルーズ船も沢山停泊していて、ここだけリゾートな雰囲気が味わえました。

20161016 19 2

このプロムナードを歩いていくと、カメルレンゴの要塞があります。
ここからも旧市街を一望できるそうで、ガイドブックには「これを見逃さないで!」と書いてあったのに
当日は、コンサートの準備中で一般観光客は入場することができませんでした

20161016 14

また、陸側から旧市街への入口(お堀)の手前には、マーケットが軒を連ねていて、
これがなかなか面白かったです。

20161016 18
(写真は青果コーナーでしたが、雑貨や服飾のストールも沢山ありました)

さらには、ジェラートや、カットフルーツ、ビールを扱う店舗があったりして
思い切り夏日でしたので、大人はビール、子供たちはカットフルーツにありつくことが出来ました。

20161016 19

また、このトロギールでは、ランチもディナーも同じお店で済ませてしまった

ランチで食べた、魚のタルタルや、イカフライのサラダ、トリュフ風味のパスタが見た目以上に美味しくって

20161016 20
20161016 21
20161016 22

また聖ロヴロ大聖堂の裏手にあって、雰囲気も悪くなく
ただ、ステーキを「ミディアムレア」でお願いしたのに、けっこう焼きすぎで出てきた
それ以外は、申し分ないレストランでした。

20161016 23

Restaurant Vanjaka
Radovanov trg 9, 21220, Trogir
++385 021 88 25 27 /

夜ごはんは、白身魚とオレンジのカルパッチョ、タコサラダ、イカスミリゾット
クロアチアではいつもこんな同じようなものをオーダーしてました。飽きることなく「もっと食べたい」と思える味なんです

20161016 24
20161016 25
20161016 26

クロアチアの名物料理「ブザラ(Buzara)」や「ブロデット(Brodet)」と呼ばれる、
ブイヤベース風の煮込み料理も美味しくて、これも旅行中によく食べていました。

20161016 27
20161016 28

魚介も肉もうまいっ

トロギールでも、美味しいものでお腹いっぱい大満足です。

そしてトロギール1泊お世話になったお宿。
旧市街への入口である堀にほど近い場所にあって、お値段もリーズナブル、とても便利でした。

ベッドが屋根裏にあるというか、そんな秘密基地っぽい作りに子供たちは大喜び。

20161015 32
20161016 30
20161016 29
(買ってきたものなどを並べて、なんとかごっこしてました)

散策中に「ホテルに帰って遊びたい」と主張するほど、気に入っていたようです。

20161016 1
(旧市街そばに位置していたホテルのテラスからパチリ)

このお宿のテラスから眺めるトロギールの街もステキでした。

Villa Kampanel

A. Stepinca 16, Trogir
00 385 99 406 0831

クロアチア旅行記①アドリア海の真珠「ドゥブロヴニク旧市街」、城壁ウォーク。
クロアチア旅行記②スルジ山からの景色、ドゥブロヴニク旧市街散策
クロアチア旅行記③スプリットその1「『青の洞窟』『フヴァル島』等島巡りツアー」

クロアチア旅行記④スプリットその2『世界遺産ディオクレティアヌス宮殿』


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト

トラックバック

GO TOP