クロアチア旅行記⑥「一転、大自然に感激!!世界遺産『プリトヴィッツェ湖群国立公園』」

クロアチア7日目。
ドゥブロヴニク→スプリット→
トロギールのホテルをチェックアウトし、次に向かったのはこの旅行で一番楽しみにしていた場所です。

プリトヴィツェ湖群国立公園

クロアチアとボスニアヘルツェゴビナとの国境近くに位置し
エメラルドグリーン色の大小16の湖と約90の滝がおりなす絶景を見ることが出来る、クロアチアで人気の観光地。
1979年にユネスコ世界遺産に登録されたそうです。

広大な公園内には、数か所にホテルがあるそうなんですが
値段も高めで食事もいまいち、と聞いたことがあったので、公園の入口近くにあるお宿にお世話になりました。

20161016 31
20161016 32
20161016 33

とても清潔な山小屋風のお宿です。
広いプレイグラウンドもあったりして、子供たちにも大好評でした♪

Etno Garden Exclusive

レンタカーでアクセスできるなら、園内のホテルではなく
入口近くの宿を利用するのがおすすめかも!!
ということをつくづく思ったのは・・・

シーズン中(夏)は猛烈に混んでいる!!

ということ。
噂には聞いていたけど、チケット売り場に長蛇の列が・・・
園内の広い駐車場もなんと満車で、私たちはそこから公園に入ることをあきらめなければならなかったくらい。
そこで、チケット売り場のある入口(P3)近くにあるお宿からさくっと入ることが出来たのは
ラッキーだったな、と思います

20161016 34
(ボート乗り場も長蛇の列)

プリトヴィツェ初日は、この混みっぷりに辟易していた私たちでしたが、
ボート乗り場の行列に並び延々待っている間に、追い打ちをかけるように雨がぱらついてきて、、、

20161016 35

数分後には豪雨となりました。
雷までなってきて、ちょっと怖いんですけどー!!という状態です。
傘があってもずぶぬれになるくらいのレベルで、とてもじゃないけどハイキングどころではない。

20161016 36
(だけど、景色が素晴らしいので、わりといい写真がとれたりします)

中国の絶景地、九寨溝とも比較される美しさなのだそうです。
中国はいったことないからわからないけど、とにかく美しかった

20161016 37

雨で水面がたたかれているのに、それでも透明な水をたたえていました。

が、大雨&雷雨はやむどころか、ひどさを増してきていて
ハイキングすることが罰ゲームになってました。
景色を楽しめたのも、ボートに乗っている間と、上の写真を撮った時だけ、かも。

20161016 38

靴は靴下までびしょびしょのぐちょぐちょ
服も上下びしょびしょ。
レインコートを宿おいてきてしまい(一番の敗因)、傘を売店で買ったのですが、
強い雨に対してはあまり意味がなく、リュックの中までずぶ濡れになっていました。

プリトヴィツェ、この日でおしまいだったら、きっとろくでもない思い出になってしまったと思います…

でも、宿に戻ってあたたかいシャワーを浴び、
同じ宿の山小屋風レストランでごはんを食べたら元気が出ました

20161016 39
20161016 40
20161016 41
20161016 42

鍋ごとでてきたスープ(笑)にサラダ、川魚のムニエルと、豚肉料理、シンプルなクレープ。
豪華です!!という食事ではないけど、どれもほっとする味で大満足です
(朝ご飯も全然期待していなかったのに悪くなかった♪)

が、楽しみにしていたプリトヴィツェが、その初日にほぼ罰ゲームになってしまたので
翌朝、朝ごはんの前に出かけて、ボートには乗らず徒歩だけのコースをリベンジしてみることに。

早起きしてよかった!!
今度こそ本当に素晴らしい絶景を目の当たりにすることが出来ました


20161016 43

上流から下流へ、美しいエメラルドグリーンの水が滝となって大小の湖をつないでいます。
場所によってはゆるやかだったり、急であったり、
長い年月をかけてつくられた大自然による芸術

20161016 44
20161016 45
20161016 46

あーだこーだいうより、写真を見てもらったほうがよさそうです。
(といってサボる

20161016 47

ハイキングコースは木道が完備されていて、子供でもトコトコと歩きやすくなっていました。
ちょっと下り坂になると走る走る!!
そしてちょっと上り坂や階段になると「疲れたぁ~抱っこォ」というけれど…

20161016 48

ガイドブックに載っていた、大きな滝
「大きい!!」
写真真ん中の歩道にいる人の大きさと比較するとその大きさがよくわかるかと思います。

20161016 49

水の青さもそうだけど、この透明度
泳ぐ魚の姿をくっきり見ることが出来、まるで青い空を泳いでいる鳥のように見えなくもない?!

20161016 50
20161016 51

前日の土砂降り雷雨ではどうなることかと思いましたが
早朝から素晴らしい自然の風景に心から癒されたのでした。

20161016 52
(P3のボート乗り場近くの地味な入口から入り、下湖群~ヴェリキ滝がよく見える場所までハイキング、この写真を撮りました)

宿に戻って、朝ごはんを食べて。
早起きして朝から歩いたのでこのご飯がまた美味しかったー!!

チェックアウト後は、車で次の目的地イストラ半島へ向かいました。
イストラ半島はクロアチアの中でも、イタリアに近くそこがトリュフの産地としても知られているとのこと
うおぉ~トリュフ~
クロアチアに来て、トリュフを使った料理が多くそれが美味しいのも頷けます。

ランチは、トリュフの産地として知られる街で・・・
なんて思っていたけど、ランチタイムには間に合わず途中通りかかったオパティアという街のレストランに立ち寄りました。

この街、オーストリア統治時代より160年近くの歴史があるリゾート地だったそうで
トリップアドバイザーで好評価だったお店が、超雰囲気もよくて予想以上に美味しかった!!

20161016 53

宿泊施設の中のレストランなのかな?
テラス席は海が一望出来ます!!

20161016 54

洗練された素敵レストランです。
料理もすごくすごく美味しかった!!
クロアチアで行ったレストランの中で5本の指に入るかも。

P1460278 1 1

昼から沢山注文するわけにいかないので、ほどほどにしましたが
食後酒までたんと頂いてしまいました。

20161016 55

車でクロアチア、イストラ半島に旅行をされる方には、
子連れ家族やカップル問わず、本気でおすすめのお店です。
HPを見ると敷居が高そうでびびりますが…

Restaurant Villa Ariston
Marsala Tita 179, Opatija 51410, Croatia
+385 51 271 379

クロアチア旅行記①アドリア海の真珠「ドゥブロヴニク旧市街」、城壁ウォーク。
クロアチア旅行記②スルジ山からの景色、ドゥブロヴニク旧市街散策
クロアチア旅行記③スプリットその1「『青の洞窟』『フヴァル島』等島巡りツアー」

クロアチア旅行記④スプリットその2『世界遺産ディオクレティアヌス宮殿』
クロアチア旅行記⑤小さな島のような「世界遺産の街トロギール」


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト

トラックバック

GO TOP