クロアチア旅行記⑧「トリュフの産地森に囲まれた天空の街、モトヴン」

ほんとにほんとに最終回

最終日は、夕方の飛行機でロンドンに帰る予定になっていたので、
ポレチュのホテルをチェックアウトし、すぐに目的地へと向かいました。

モトヴン(Motovun)

なんだかかわいらしい名前ですが、その名の通り、人口1000人ほどの小さな可愛い街です。
その美しい街を見ようとクロアチア内外から観光客がやってくるそうです。

20161223 1

これまでに訪れたクロアチアの主要観光地が、どこも海に面していたり海を一望出来たりと、そんな場所にあったのですが
ここはまるで南仏の鷹巣村を思い出すような、丘の上に作られた城壁に囲まれた街でした。
霧に囲まれた日には、まるで雲の中に浮かぶ城のような絶景をみることができるそうです

街の手前、丘を上る直前に「駐車場」があって(ちゃんと係の人がいる)、
そこにバスや自家用車を停め、基本は徒歩で街へ入るようです。
私たちは、街へ向かう上り坂の車道途中にあった「駐車場」に縦列駐車して、その後はやはり徒歩で街へと向かいました。

20161223 2

可愛い八百屋さん。
可愛い猫もいたりして、テンション上がります。

20161223 4
20161223 14
(白いほわほわの子猫ちゃんにも会えました

岩がごつごつした石畳の坂道をひたすら上ります。

20161223 3

この坂道、観光地にありがちなにぎやかさはないけれど
ところどころに美味しそうなレストランや、センス良さげなショップがありました。

ほどなくして、城門へと到着です。

20161223 5

城門をくぐると、見晴らし抜群です。
ここからまた少しだけ上ると、街で唯一のホテル・カシュテル(Kaštel)があり、小さな広場には「サン・ステパノ教会(crkva sv. Stjepana)」がありました。

20161223 6

16世紀に建てられたというその教会、外観もシンプルでしたが内部も厳かな雰囲気でした。

20161223 7
(後期ルネッサンス~バロック時代にかけての絵画が飾られているそうです)

城壁の上にも行ってみました。
小さい街なので、この城壁づたいにぐるっとお散歩できるようです。

20161223 8

最高の眺めを楽しむことが出来ました

20161223 9

かわいらしいうすオレンジ色の屋根の家、トリュフが採れるという素敵な森…
プリトヴィツェ以外ではずっと海沿いを旅していたので、とても新鮮な眺めでした。

「この森でトリュフが採れるのね

20161223 10

また、お昼時には名物トリュフ料理を目当てに来たお客さんたちでレストランが賑わっていました。
メニューを見るとすごいんです、「トリュフのなんとか」「なんとかのトリュフ風味」とかそんなんばっか!!
お値段もリーズナブルです

20161223 11

街の中には、トリュフやトリュフペースト、トリュフオイルetc、トリュフ製品を扱うお店が数店舗ありました。

20161223 12
20161223 13

ロンドンで買うより安い!!
旅先だからそう感じるのか、香りも格別!!

私もこの日はトリュフ製品を買うつもりで来ているので、かなり後ろ髪ひかれましたが
主人が「直営店が車ですぐ近くにあるから、行ってみよう。ランチもそこで。」というので、その通りに。

20161223 15

というわけで、モトヴンに別れを告げ、その麓の街・リヴァデ(Livade)へ。
トリュフ製品のメーカーZiganteの直営店へ行ってみました。
広場には石?で作られたトリュフのモニュメントがあってわかりやすい。笑

20161223 16

モトヴンで見たお店と同じ品ぞろえなんだけど…
と思いましたが、ちょっと広かったかな?
試食コーナーも完備です

賞味期限を確認して、お土産用にもいろいろと買いました

この直営店、レストランもあるんですが・・・

20161223 17

ちらっと見たところ、敷居が高そうだったのと
ランチ時にあってあまりお客さんが入っていなかったので
お店の真向いにあったレストランに入ってみました。

20161223 20

こっちのほうが繁盛していたので。(これ美味しいレストランの大事な条件)

といっても、予約なしですんなりと入れ、メニューを見てまたびっくり
どれも「なんとかトリュフ」「トリュフのなんとか」と書いてあるんですけど、パスタ、卵料理、肉料理とあって、かなり品数が少なかったんです。

が、運ばれてきた料理

20161223 18

見た目無骨な感じですが、トリュフを惜しげもなく使っていてその香りも芳醇

特にステーキには肉本体が見えないほどトリュフがかけられていて、衣みたいになってました。
ここまでいくと、なんだかありがたみがなくなってくるような気もしますが

20161223 19

このステーキ、主人は「この旅で一番おいしい肉だ」と言ってました。

ついでに長女(6歳)は「トリュフはくさくていやだ」と。笑
今度は白トリュフの時期に来てみたいね~なんて、絶対に実現しないであろう話をしてみたり
やっぱり美味しいご飯にありつける旅は最高です

20161215 40
(戦利品の一部。トリュフ製品、オリーブの木を使った器、ラベンダー、器、クリスマスオーナメントなど)

この夏のクロアチア旅行、感動いっぱいの旅となりました。 完

クロアチア旅行記①アドリア海の真珠「ドゥブロヴニク旧市街」、城壁ウォーク。
クロアチア旅行記②スルジ山からの景色、ドゥブロヴニク旧市街散策
クロアチア旅行記③スプリットその1「『青の洞窟』『フヴァル島』等島巡りツアー」

クロアチア旅行記④スプリットその2『世界遺産ディオクレティアヌス宮殿』
クロアチア旅行記⑤小さな島のような「世界遺産の街トロギール」
クロアチア旅行記⑥「一転、大自然に感激!『プリトヴィツェ湖群国立公園』」
クロアチア旅行記⑦「イストラ半島・ポレチュ、世界遺産『エウフラシウス聖堂』、リゾートなホテル。」


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト

トラックバック

GO TOP