謹賀新年「2017年我が家のおせち」、年末~年越しのこと。

新年あけましておめでとうございます!!

実はクリスマスから年内いっぱい旅行に出かけておりまして、
大晦日に戻り、それからおせち料理を仕上げて…という例年にない慌ただしい年越しをしていました。
さらにその旅先では親子立て続けに風邪をひいたり、どうなることかと思いましたが、
なんだかんだで今年も家族そろってお正月を迎えることが出来、本当にありがたいです



さて、今年初の更新となる今回は、おせち料理の記録です。

ロンドンに来て以来、2014、2015(@日本)2016年…毎年同じような内容となりますが
私がおせち作りで心がけていることが

・家庭ならではの味、日持ち重視するよりもなるべく素材を生かした「もっと食べたい」と思える味付けで
・一種のお祝い料理なので、見た目も美しく です。
 
面倒といえば面倒だけど、子供たちには日本の食文化のひとつを知ってほしいな~と
毎年のお正月イベントとして勝手に自分に課し続けています。

2017年 お節料理 

20170101.jpg

日本から持ってきた竹製の重箱。
細かい仕切りがないので、まず暇な時に市販の「2 in 1 Parchment&Foil」を使い、自分で作っておきます。
このFoil、片面がアルミホイルで片面がオーブシートみたいになっているんですが
そこそこ厚みがあるので、適当な大きさの焼き型がなくてもこれで代用出来たりと色々と重宝するんですよね。

20170101 13
(笹は当日にホチキス止めします)

詰め方

壱の重 3×3の市松型
弐の重 2×2の田の字型

毎年同じです(笑)

壱の重

「数の子」「田作り」「黒豆」といった、3種類の祝い肴と
「くりきんとん」「だてまき」「昆布巻き」「かまぼこ」など、甘味のある口取り肴を入れました。

20170101 2

市販品は、2品。
 紅白かまぼこ(飾り切りは、紀文さんのサイトを拝見して「結び」という形にしてみました)
 タコとイクラ(長女の好物)

20170101 5
紀文 技あり!飾り切り

次の2品は適当に自分の好みの味付けで作ってみました。
 昆布巻き
 伊達巻

伊達巻は味はいい塩梅に仕上がったのですが、見た目がダメダメで、これまた1年後の課題となりました。

そして
 黒豆
これはもう毎年参考にさせてもらっている、さとみわさんのレシピで。
調味料と一緒に圧力なべに入れて、一晩置き、炊いて冷めたら出来上がり!!コツいらずなのです
Cpicon 圧力鍋で♪黒豆 by さとみわ

 田作り
 くりきんとん

どちらも私好みの味に仕上げたマイレシピです。
特に田作りはカリコリのナッツが美味しくって、甘すぎずしょっぱすぎず後をひくんですよ~正月に関係なく食べたくなる一品です
Cpicon おせち料理 薄味♪ポリポリ田作り by ケチャ&ウル
Cpicon おせち料理 砂糖要らず♪うちの栗きんとん by ケチャ&ウル

 紅白なます
今年もゆずをたっぷり入れて…と行きたいところでしたが、生ゆずゲット出来ず。
それでもようやく味が決まりましたので、年末にでもレシピアップしたいところです。

 かずのこ
図らずも大量の塩かずのこをゲットしてしまったので、今年は大量生産です

20170101 6

敢えて塩水で一晩塩抜きして薄皮をむき、茹でたひたし青大豆、ショウガ、塩昆布と共にだし汁に漬け込みました。
(浸し豆とのコラボは、マイレシピCpicon おせち料理 ひたし豆に数の子 by ケチャ&ウルを参考にしています)
すうっとショウガの効いただし汁に、かずのこがぷちぷちはじける味わいです。
家族にも大好評だったので、また来年も作ろうと思います。

弐の重

肉や魚の焼きもの・主菜になり得るものを詰めました。
内容はこれまた去年とほぼ一緒です。
ただ、このように田の字型に仕切ると、ひと升ずつ一品詰める形だと縁起の良い奇数にならないので、魚はサーモンとブリとの2種類を入れてみました。

20170101 3

 Cpicon おせち料理「あっさり系海老の鬼瓦焼き」 by ケチャ&ウル
 Cpicon おせち料理 サーモンの塩麹&柚子漬け焼き by ケチャ&ウル
 ブリの味噌漬け焼き
 鶏のゴボウ巻き
 鴨のロースト 柚子胡椒ポン酢風味


海老は、年末の日系食材店セールで買ったお買い得品でしたが、新鮮で旨く仕上がってくれました。
味の濃ゆいお正月の海老が苦手なので、このレシピはわりと薄味です。酒の臭みが残らないよう、海老に火が入り過ぎないように注意します。

ちなみに鴨に添えた実は、ブルーベリーではなく、マートルの実です。
クリスマスケーキにも添えていますが、この実、実は食用出来、乾燥させてスパイスとしても使えるそうですよ。
(未だ試したことはないけど

参の重

煮物を詰め込みました。

20170101 4

たけのこ、人参、しいたけ、ごぼう、れんこん、さといも、鶏肉(手羽元)、こんにゃく、きぬさや

貴重なゴボウは鶏料理に使ってしまったので、少量。
生のレンコンをゲットならず、冷凍のレンコンを使用。里芋も冷凍品…
人参はがんばって花の形に切り、絹さやを添えています。
今年は鶏肉を手羽元でやってみたのですが、ちょっと量が多すぎたかも。肉だらけの煮物となりました

以上、去年とほぼ同じの(笑)おせち料理でした。

20170101 1

が、去年と明らかに違う点
「お煮しめ」と「紅白なます」以外は、クリスマス前に作り冷凍保存しておいたものなんです。
クリスマスに出かけ、帰宅するのが大晦日のお昼ということがわかっていたので、最初はおせち作りをあきらめようと思いましたが
冷凍保存技を知って挑戦してみたのでした。
これが今年の新たな発見でもあり、今後にも生かせそうです。

また、今年は、貴重な材料の一部を本帰国する友人に沢山もらっていたので
結果余るほどに出来、ちょっとずつ色々、近所の友達にもおすそわけしました。

20170101 7
20170101 8
(Parchment & Foilが大活躍!!)

元旦早々に、新年の挨拶が出来たことが嬉しかったです
ひたすら紙の型作りを手伝ってくれた夫にも感謝です。

 お吸い物

材料が全然なかったので、とりあえず出汁をとって、人参、鴨、だてまき、かまぼこ、きぬさや、茎ブロッコリー
お節料理の中から具になりそうなものをin(笑)

20170101 9

「あ!!手まり麩があったかも!!」
ごそごそ探し物しながら、諸々と同時進行で作っていたら、出汁が餅で思い切り濁ってしまった

20170101 10

残念ながら、今年もロンドンの元旦の天気はいまいちな感じで、午後には雨が。。。
部屋の中も電気をつけなくてはいられないような一日でしたが、家族でお節料理を美味しくいただくことが出来ました


年末はどこに出かけていたかというと、フロリダです。
なぜにイギリスからアメリカへ~って感じですが、「日本から行くよりも直行便で近く、暖かいから」という理由で

20170101 14

私にとっては、40過ぎての初アメリカ大陸上陸(笑)
子供たちにとっては、初のディズニーランド体験

旅先で親子順番に熱を出したりと、予想外のハプニングもありましたが楽しい年の瀬となりました。

そして冒頭にお話しした通り、帰宅直後は猛烈に忙しい大晦日でしたが
今年もテレビでロンドン恒例の年越しイベントを見ながら、そばをすすりましたよー。

20170101 12
(日付変更と共に繰り広げられるノリノリの花火ショーです)

Happy New Year 

2017年、みなさまがご家族ともに笑顔で健康に過ごせますように。
本年度もどうぞよろしくお願いいたします!!


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト

トラックバック

GO TOP