上品和風おかず♪「サーモンの塩麹&柚子つけ焼き」、お正月フラワーアレンジ。

お正月も三が日があけて、多くの公立校が始まる頃となりました。
我が家でも明日から長男の幼稚園がスタートするので、お正月気分もおしまいです。
すると、なんかラーメンとかカレーとか無性に食べたくなるんですが

さて、今日ご紹介するのは、我が家の定番おせち料理

Cpicon おせち料理 サーモンの塩麹&柚子漬け焼き by ケチャ&ウル

塩こうじにつけ込んだ優しい味わいのサーモンに、
ほんのり柚子が香る、飽きのこない上品な一品
おせち料理としてでなくても、普段の食卓やお弁当のおかずとしてもおすすめです。


なぜに正月に「サーモン」?というのは、ロンドンの食材事情になるんですが…

日本のように、普通のスーパーで多種多様な魚が売っていないというのと
スコットランド産の美味しいサーモンがロンドンでは非常にポピュラーで、常時入手しやすいという事で

ちなみに主要材料である「生の柚子」も、ロンドンでは入手困難(あったとしても、めちゃ高級)な為、
普段はノンワックスのレモンなどで代用するしかないのです。

もちろんレモンでも十分美味しいのですが、柚子が入手できるのでしたら
お正月やお祝いの席などではぜひ柚子で作っていただきたいな~と思います

つけておいて、あとはグリルなどで香ばしく焼くだけ。
さらに冷蔵庫で2~3日は日持ちします
ので、
和風のサーモン料理レパートリーに加えていただく価値のある一品かと思います

鮭塩麹焼き



【コツ・ポイント】

・ゆずが入手出来ない場合、香りは断然劣りますが、レモンやライムでも代用できます。
その場合、酸味が強くなるので量を控えめに。


20160101 5

一昨年は直前に一時帰国していたので、必要な分だけの生ゆずを調達出来ていたのですが↑
今年は、それがかなわず、レモンで作りました↓

20170104 1

また笹の葉やヒバの葉などを敷いたりあしらったまま保存すると、その殺菌作用でより日持ちがするような気がします。
(もちろん、よく洗ってくださいね)


お正月アレンジを作りました

といっても、作ったのは去年の12月
フラワーアレンジメント教室「A's Flower」先生ご自宅にて。

20170104 3

このデザインはまるごと、友達が作っていたお正月アレンジの真似っこでして
水引やロープなど、一部の材料も分けていただき(ありがとうございます!!)、大満足の作品となりました

メインの胡蝶蘭が、これまたリアルなつくりとなっていて

20170104 4

アーティフィシャルフラワー(造花)の限界ってあるのかもしれないけど
A先生のセンスにかかると、本当に素敵な作品になるので、その都度感動しきりでした。

ロンドンでレッスンを受けられなくなってしまうのは本当に本当に残念でなりませんが、
東京でもそのご活躍を楽しみにしていますねー!!

20170104 2

クリスマスリースと交代しました
(でも隣のクリスマスツリーは出しっぱなし…)


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト

トラックバック

GO TOP