寒い日にはふはふ食べたい、『とろ~り熱々カリフラワーチーズ風グラタン』。

今日は寒かったー!!
夜から朝にかけて氷点下になると、必ず車のフロントガラスが凍ります。
今朝は車が全体的に凍っていて、ドアを開けるのも力が要りましたし、
なんとフロントガラスの内側(車内)まで凍っていました・・・

さらに、毎朝学校へ向かう途中に通りがかる牧場があるんですが、そこも真っ白
一面真っ白に凍った牧草の中で馬が寒そうに立つ光景は、なんだかちょっと絵になっていました。


そんなこんなで、マジ超寒かったので、今日の夕ご飯のメインはあったか料理です。

・ゆで鶏と香味野菜の味噌だれ(試作中)
・トマトとルッコラ、マッシュルームと生ハムのサラダ(余り食材大集合)
・カリフラワーチーズ風グラタン
・ラムネックの軽いスパイス煮込み

中でも、大好物なのが、カリフラワーを使ったこちら
Cpicon とろ~り熱々カリフラワーチーズ風グラタン by ケチャ&ウル
今日はこちらのレシピをご紹介させてください

外食はほんとうにおったまげるほど高いけど、この国ではスーパーで売られている基本的な食品が激安なのです。
乳製品(牛乳、チーズ、バター、クリーム類)、パン、ビスケット、そして野菜…

カリフラワーも例にもれず、激安!!
サラダで食べらられるほど新鮮で立派なサイズのものが、£1程度で買えます。

そして「カリフラワーチーズ」とは、「マカロニチーズ」と並んでイギリスでよく食べられている、多分、人気の(?)料理。
シンプルなホワイトソースにくったくたのカリフラワーにチーズがたっぷり、
美味しいはずなのに、いまいち味の深みにかけるというか、味が薄いというか、今まで本当に美味しいカリフラワーチーズに出会ったことがないんですよね。

なら、自分で美味しく作ってしまえ!!

てことで
かれこれ3年前に考案したレシピだったりします。
(あれから本当に早い

自画自賛で恐縮ですが、マッシュルームの旨みにベーコンのコクが、味の淡泊なカリフラワーにぴったり。
またホワイトソースやチーズを加え、加熱しすぎることなく適度な火入れ加減で香ばしいグラタン仕立てのカリフラワーチーズです

「カリフラワーって、子供が苦手でね~」(うちもそうですが、これは別格)
「カリフラワーってどうやって食べていいんだか・・・」

そんな方、ぜひぜひ!!
寒い日にふはふいいながらお召し上がりください

カリフラワーチーズ 1


【コツ、ポイント】
チーズはケチらずたっぷりと
・カリフラワーは下茹でしなくてOK、お鍋ひとつで作ります
・お好みで、海老や鶏肉を加えても。

20170119 1

安くて美味しい庶民の味方


冒頭にお話しした、うっすらと雪でも降ったかのような牧草も凍る寒さの牧場です。
どんなに寒くても、晴れの日が少ないので青空だったりすると一気に嬉しくなります。

20170119 4
20170119 5

木の実もしゃりしゃりしていました。



にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト

トラックバック

GO TOP