今年作った恵方巻の覚書レシピ。

数日前から長男の幼稚園の玄関に鬼や節分の豆が飾られています。
今朝、いつも通りに行くと、そこにはさらに「恵方巻」が追加されていました。
紙でつくられた太巻きなんですが、一緒にいたママ友さんと「あ、今日は節分だったね~」と、節分の日であることを自覚しまして

昼間に会った友達も「今日はうち恵方巻作るよ~」なんていう話をするし
幼稚園から帰ってきた長男もまた、紙で「えほーまき」を2つも作ってきてくれるし・・・

我が家も、夕ご飯に恵方巻を作りました
買い物に行く余裕のない日でしたが、偶然にも冷蔵庫に具材がそろっていたのですよ

20170201.jpg
(ほんと、カメラの調子が悪い・・・

【材料 4本分】

・酢飯 2合分
・海苔 全型4枚
・きゅうり 巨大(キューカンバー)1/6本
・卵 3個
・しいたけ 小さめ6~8個
・かにかま(SURIMI ROYAL) 8本
・スモークサーモン 1パック

20170201 2
こちららで売られている「かにかま」は、味が薄くてあまり美味しくありません。見た目は似てるけど味は全くの別物。が、「SURIMI ROYAL」という商品は、お値段の割に(£1台です)かにかまの味に近くて美味しくおすすめ

【手順】

干ししいたけを戻します。
水に少量のみりんを加え、電子レンジにかけ水をお湯にして放置・・・

20170201 1
少しのみりん効果で短時間でもふっくら戻ります。

卵焼きを焼きます。
卵一個につき、大匙1のだし汁と砂糖少々、塩少々で味付けます。
(イギリスの卵は日本のように鮮やかな黄色ではないので、見た目を重視する場合は醤油を控えています)
しいたけを甘辛く煮つけます。この間にご飯を炊きます。
小鍋に酒と砂糖水を加え沸いたら弱火で15分、さらに醤油を加え10分、好みの味の濃さになるまで煮詰めます。
(調味料の目安 水カップ1、砂糖大さじ1、醤油大さじ1~2、酒大さじ1~)
酢飯を作ります。
私はかなり頻繁に細巻きを作るので、市販のすし酢を愛用していますが
なぜかイギリスで売られているすし酢があまり美味しく感じないんです、酸味がとがっている感じ。

20170201 5
(ミツカンて書いてあるけど海外仕様?)

聞いたところによると、こちらの方の味覚に合わせて砂糖控えめなんだとか。ということで、私はたきたてご飯に、すし酢+少量の砂糖を加えています。ひと手間ですが、これでだいぶ日本の酢飯の味に近くなります♪

材料を切りそろえ、いざ巻いてきます
酢飯はふんわりと、丁寧に均等にのせます。向こう側、2センチはあけておきます
具材は、芯になるようなもの(胡瓜など)を手前に、かにかまの下に少量のマヨネーズをIN。
手間を少し開けて置きます。

20170201 3

手前の酢飯部分を、奥の酢飯部分にくっつけるようなイメージで一気に巻き、巻きすで気持ち四角くなるように形をととのえます

20170201 7

余談ですが、本来は七福神にあやかって具を7種類用意すると良いそうです。
来年はもうちょっとやる気出して漬けマグロでも入れてみようかな~

子供達には一本が多すぎるので、日本のコンビニサイズのものを用意し、
「黙って食べなきゃダメだからね」

スマホの方位磁針で方角を調べ、北北西を向いていただきました。

もぐもぐ、もぐもぐ・・・。

20170201 4

「あっ今日ボクもね、幼稚園でえほーまき作ってきてさぁー」
ものの数秒で静寂はやぶられるのでした

長女が最近、日本人幼稚園の土曜教室で作ってきた鬼のお面。

20170201 6

今年は豆が入手できなかったので、かぶって遊んだだけとなりましたが
3年前に自宅で豆まきをした時、主人が演じる鬼に対して長女が泣いてしまったことを思い出したりするのでした。
懐かしいな~。


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト

トラックバック

GO TOP