「定番ソース味ジャガイモの鶏そぼろ煮」、パリの白い食器「Astier de Villatte(アスティエ ド ヴィラッド)」へ。

先週末、友達と日帰り旅行をしてきました。
そしてその翌日にどどどーっと疲れがやってきて(笑)、今週はその余韻を引きずりながら頑張っています。



さて、今日ご紹介するのは、先月、クックパッドニュース
「子供喜ぶソース味!「ジャガイモのそぼろ煮」で白いご飯がドンドン進む♪」

でご紹介いただいたこちら

Cpicon 定番ソース味★ジャガイモの鶏そぼろ煮 by ケチャ&ウル


「ジャガイモ大好き!!」という方はあまりいないにしろ、誰もが嫌いなはずのない、名脇役の「ジャガイモ」
これががメインの簡単おかずレシピです。
ソース味のほっくりお芋と鶏そぼろがあとをひくんですよ

え、ソース味?ソースだけ?

そんな風に思われるかもしれませんが、コロッケ味を連想していただければ!!
出来立てのほくほくはもちろん、お弁当のおかずとしても一押しです

ジャガイモは事前に電子レンジで加熱しておくと、加熱時間が大幅に短縮できるうえ
すくないオイルで香ばしく焼けるのでヘルシーです。

ジャガイモレシピのレパートリーに加えておいて損はないと思いますので
ぜひおためしください!!

ジャガイモのソース煮



【コツ、ポイント】
・味の濃さは、仕上げの醤油と砂糖の量でお好みに応じて調節してください。
・写真では新ジャガを使用しています(こちらでは通年販売されている)が、普通のジャガイモで問題ないです。皮が苦手であれば剥いてご利用ください。

20170309 4

イギリスのスーパーでは、ジャガイモの販売コーナーだけで相当の広さ。
ひと袋のサイズも1キロ以上とかが普通のようです(もちろんバラ購入も可)
写真のような日本では絶対に売り物にならなさそうな、超ミニサイズのジャガイモ
これがなかなか美味しく、しかも小袋サイズで使いやすいです♪


今回の日帰り旅行、ユーロスターにのって弾丸で行ってまいりましたが
以前からずっと気になっていた食器のお店を訪れることが出来ました

20170303 12

Astier de Villatte(アスティエ ド ヴィラッド)

パリ市内に工房をもつ、手作りのあたたかみを感じる、シンプルな白い食器のお店です。
北欧デザインなどと比べると、ちょっとレトロというか、フレンチシャビーシックなデザインですが
とても軽くて丈夫、食洗器もOKとのこと。

でも、、高い
ロンドンのリバティでも売られていますが、値段は決してかわいくない。
でもこんな食器で朝ごはんを食べてみたい!!と常々思っていました。

20170303 13

店内奥には商品が無造作に積み重ねてあったりしますが、
こんなにたくさんのアスティエを見たことがないので、感激

予算オーバーにならぬよう、吟味を重ねた結果の戦利品です。

20170309 1

結局シンプルなスクエア皿を選んでしまいました

プラス、私としてはちょっと冒険してみたデザインのものがいくつか・・・

20170309 2
20170309.jpg

長細いプレートは、クッキーやビスケット?
過去の私では絶対に選ばないであろう、ふちのデザインですが、この深さがパスタやカレーに最適かな?と。

20170309 3

これもふちが個性的!!
取り皿やケーキ皿としても使える小皿を選びました。

白皿はどんな料理にも合わせやすいので重宝します。
ずっと大切に使いたいと思います


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト

トラックバック

GO TOP