イースターのアイシングクッキー&フラワーアレンジメント(Easter wreath)

毎年この時期になるとやってくる「イースター」
復活祭と称したキリスト教行事で、お店ではカラフルな卵や、ウサギ、ひよこなどのオーナメントを見ることが出来たり、エッグハントなどのイベントが行われています。

その優しいパステル調の色使いが、不思議と気持ちをあたたかくさせてくれ
春を実感できる嬉しい行事だなと思います

ということで、今年もイースターがテーマのアイシングクッキーを作ってみました

20170327 7

イースターのアイシングクッキー
うさぎ、ひよこ、イースターエッグ(レース、バラ)


パステルカラーにすべくどれも着色料はごくわずか、

今回初挑戦したのが、「バラ模様」
アイシングが乾かないうちにパパッと仕上げなければいけないので、難しかったです…
マッハで作業したつもりでも、葉っぱの部分がツンツンと小さな凸凹になってしまいました。次回の課題

20170327 8

そして、小花は市販品をのせただけ

それでもやっぱり「ひよこ」「うさぎ」のモチーフがかわいくって、
卵に柄を描くのも楽しくて、大満足の作品となりました



さらにイースターをイメージしたフラワーアレンジメントを作りました。
(といいながら作ったのはけっこう前の話

形はリース。
花材はロンドンの花市場で調達して
散々お世話になった先生のアドバイスを思いだして、思い出して・・・

20170327 1

色はひよこをイメージした黄色ベースで、
鳥の巣のような素材感を出すべくリース本体のナチュラルな感じを残しながら、の。

じゃじゃん

20170327 4

イースターのリース(Easter wreath)

使用した花材はすべてアーティフィシャルです。
・こでまり
・フリージア
・カーネーション
・てまりみたいなあじさい
・あじさい(ペールピンク)
・小花色々

20170327 3

リースベースに、こでまりを使って土台とし、
黄色い花をおいて、小花とグリーンを追加→最後に鳥の羽根(これも花市場で入手)をバランスよく配置してみたつもりです。

20170327 2

小花の種類がよくわからないのだけど、近づいてみると造花なだけにへんてこな感じですが
遠目でみるとけっこうかわいい。

本当はこでまりではなくて、カモミールやイギリスの芝生に咲いているデイジーのような小さな花を使いたかったのですが、市場のアーティフィシャルコーナーではそのような花材を見つけられず。

20170327 5

とりあえず長女にはお褒めの言葉をいただきまして、春先までは玄関ドアに飾ろうと思っています。


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト

トラックバック

GO TOP