2~3月 料理教室記録「和風家庭料理『サーモンの香ばしバター生姜焼き』、『豆ごはん』他」

2~3月の料理教室記録です。

テーマは、「和風家庭料理」
サーモンを主菜に使った、野菜多めでヘルシーかつ食べごたえのある料理
をご紹介させていただきました。

20170325 1

献立

ひとくしおつまみ 焼きホタテとアスパラの梅肉だれ 絹ごし豆腐の冷製スープ


    
副菜 白菜とイカのおひたし     
サラダ ゆで鶏と香味野菜のサラダ みそドレッシング
主菜 サーモンの香ばしバター生姜焼き

ご飯 豆ごはん
ご飯のお供 ホタテの時雨煮


デザート あずきのシフォンケーキ

20170325 2

テーブルにはこの季節出回るチューリップを中心に飾らせていただきました。

サラダ
『ゆで鶏の香味野菜サラダ 味噌ドレッシング』

20170325 3

・しっとりゆで鶏の作り方、皮目、火加減、ゆで時間、湯に加える塩の量と香味野菜。
・使用した香味野菜
・野菜の切り方
・味噌ドレッシングの配合
・見栄えを考えた盛り付け方、肉の切り方

イギリスでは経済的お肉のひとつである、鶏もも肉のフィレ。
骨と一緒に皮もはがれているので、日本の「鶏もも肉」に慣れていた私はカルチャーショックでしたが…
パックから出してそのまんまお湯にポン♪お手軽にできて作り置きも可能、ということで喜んでいただけた一品です。

主菜
Cpicon 鮭のムニエル バタぽん生姜ソース by ケチャ&ウル

20170325 4

日本にいたころ、秋になると出回る「秋鮭」をがっつりご飯のおかずで食べたいな~という思いで考案したレシピです。
ロンドンではさっぱりとした鮭よりも、脂ののったサーモンが主流なうえに美味しいので
今回はこちらのサーモンを使ったアレンジレシピをご紹介させていただきました。

・サーモン うろこ付き皮のはぎ方、お手軽バージョンも。
・下味用塩、振り方と量、適した塩の話
・サーモンの焼き方、火加減と焼き時間など
・生姜の千切り、生姜の選び方、おすすめの切り方
・バターと醤油の相性、炒め加減、ソースの煮詰め加減、仕上げのオーブンとそれに代わる調理器具
・付け合わせ野菜、水菜代用野菜について、切り方

副菜
Cpicon 白菜とイカのゴマ生姜ポン酢浸し by ケチャ&ウル

20170325 6

・白菜のさっと茹で
・冷凍イカ、解凍、湯で加減、切り方
・生姜のみじん切り
・芯の厚みを利用した盛り付け方 など

たっぷりのみじん切り生姜がポイントの超簡単レシピ、盛り付けのひと手間でお客様にも出せる一品となります。

ご飯
『豆ごはん』

20170325 7

春先になると出回る鞘付きのグリンピース。
あの香りがたまらない春ご飯のひとつですが、イギリスではなんとこれが超簡単に美味しく作れてしまうという
材料を入れて炊飯器のスイッチオン♪です。

・使用するグリンピース
・調味料、特に塩の量について

ご飯のお供
Cpicon しっとりふりかけ風♪ホタテの時雨煮 by ケチャ&ウル

20170325 8

・使用するベビーホタテ
・調味料の配合
・炊き方、ほぐし方のこつ
・アレンジについて

私が大好きな常備菜のひとつ。
これさえあればご飯がすすむ!!という優れものです。炊いている間の匂いがたまらない(特に空腹時)。

20170325 9

おにぎりにするのも美味しく、気に入っています。

また今回の「一口おつまみ」は2種類ご用意させていただきました。
その1
『絹ごし豆腐の冷製スープ』

20170325 10

美味しいお出汁をとっておき、それと同重量の絹ごし豆腐、少量の塩と砂糖と生クリームをブレンダーにかけます。
一口のんでほっと和める味です。

その2
Cpicon 焼きアスパラとホタテの梅肉ソース by ケチャ&ウル

20170325 11

先日クックパッドにアップさせていただいたばかりのレシピです。
茹でずに焼いたアスパラと刺し身用ホタテを小皿に盛り、作り置いたネギ入り梅だれをかけました。

また、デザートは和風に。
いつもみなさんに好評なシフォンケーキを焼きました。
Cpicon 和スウィーツ♡小豆のシフォンケーキ by ケチャ&ウル

20170325 12

ゆであずき入りのホイップクリームが個人的にヒットでした。

以上、臨時開催を含め合計14回、お忙しい中ご参加くださったみなさま、本当にありがとうございました!!
また時期柄、本帰国をされる方も多く、、何度この寂しい思いを経験しなくてはならないのだろう、とつくづく思います
それでも料理教室を通じての出会いは私自身にとって大変貴重で、勉強になることも多く感謝、感謝です。

次回は春休みを挟み、5月以降のご案内を予定しています。
少し間が空いてしまいますが、どうぞよろしくお願いいたします


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト

トラックバック

GO TOP