日曜開催✨コロンビアロード・フラワーマーケット、ヴィンテージ食器のお店。

今週はレッスンが3回、金曜夜は来週末ロンドンを離れる友人らと自宅飲み会してみたりと
いつも以上あっっという間に週末となりました

今日は、先週日曜に行ってみた、フラワーマーケットのことをご紹介させていただきます。



コロンビアロード フラワーマーケット(Columbia Road Flower Market)


週に一度、日曜日に開かれている、お花のマーケットです
お花は大好きだけど、基本的に花より団子な人間なので(笑)
日曜日にわざわざ・・・という気持ちがありましたが、主人が「すごく好きそうな食器のお店があるんだよ~、さらに近くにパエリアが美味しいスパニッシュがあるからここでランチしよう!!」とめずらしくナイスな発案をしてくれたので、行ってきましたー!!

私たちは車で行ってしまいましたが、日頃超お世話になっているナビアプリ「Citymapper」によると、通常は地下鉄ノーザンラインのOld Street駅を下車して20分歩くか、
駅からバスを利用するともっと時間短縮で行けるようです。

ちょっと遅い時間になってしまったせいか、また良い天気だったせいか、もんのすごい人でした。

20170521 1

狭い道の両側にお花やさんのテントが建っているので、歩くのも一苦労・・・
子連れでしたので、さらにハードルが高かったのですが、
綺麗なお花にかこまれて店員さんの声がとびかうそこは、瑞々しい元気を沢山もらえそうな場所でした。

20170521 2 1 1

値段はというと、やはりスーパーよりは安い。
(ちなみにですが、イギリスのスーパーで売られている花のお値段、日本と比べると格安なんです。
余計な葉っぱとかがわしわしついている状態で売られていますが

そして種類が多い!!
楽しい~!!

20170521 6 1 1

飛ぶように売れていく花の束、また大量買いする人がたくさんいてびっくり。

ひしめきあう花エリア以外のスペースには、軽食を出すお店や美味しそうなパンやさんなんかもあったりします。

20170521 10

また、市場が開催されている通り沿いのお店も、かわいい雑貨やさんや園芸用品店、食器やさんなど
見ていて飽きない楽しいお店がいっぱいありました。
中でも、主人がすすめてくれたお店がこちら

20170521 16

Vintage Heaven

店内には様々なヴィンテージ食器(アンティークまでは古くないけれど、数十年前の食器)がいっぱい。
もうもう、楽しい~~!!

と、夢中になってしまい、店内をお伝え出来る写真が一枚もありませんが
ケーキが乗るサイズで、一枚£4~5の小皿をいくつか購入しました。

20170521 17

一見北欧デザイン風?のお皿。一枚£4
Kathie Winkle (1960~70年代のものらしいです)

これは、白になんとも優しい色合いの花柄が書かれたお皿。一枚£5
ホーンジー(Hornsea)、これも1960~70代くらいのものらしいです。

20170521 18

ケーキやパンを載せるのにちょうどいいサイズで重宝しそう

さらに、この日の戦利品、お花編

切り花は、大好きなラナンキュラスや、青い花デルフィニウムを買いました。

20170521 13 1

どちらも花持ちは1週間程度、
今週のレッスンのテーブルにも飾りました。

20170521 15

さらにポットの花が格安だったので、これもいくつか買って庭に植えてみました。
長く花を楽しめるといわれて買ったベルフラワー(オトメギキョウ)と、4つで£5のダリアです。

20170521 11 1

えっさほいさと土を掘っていると、どこからともからなくロビン(ヨーロッパこまどり)が現れて、
ミミズをくわえて飛び去っていきました。
←なんて絵本みたいなシーンに遭遇してしまい、一人で盛り上がってしまった


最後に、この日のランチ。
フラワーマーケットから歩いて数分、ロンドンにいくつか店舗をもつスペインバルのお店に行きました。

20170521 21

BRINDISA
152 Curtain Rd London EC2A 3AT
+44 (0)207 749 9961

美味しいけど総じて高いかな?
海老のアヒージョ的なものが£10近くするのには驚き・・・
だけど、自分でニンニクやトマトをすりすりして食べる、パンコントマテ(だけどこれもけっこうなお値段)、イカスミパエリアは私の大好きな味!!

20170521 19 1

他の店舗は予約できないところが多いようですが、ここShoreditch店は予約できるということで使えるかもしれないです。
でも総じて高い(しつこい)


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト

トラックバック

GO TOP