さっぱり梅肉&塩昆布のネバ旨おつまみ『白身魚の和風香味タルタル』、先月南イタリアで買った器など。

先週末から、30度近くの夏日です!!
ロンドンでこの気温は年に数回かもしれず、貴重なのですが
家はもちろん、地下鉄をはじめとする交通機関にもエアコンがなく、低温に慣れている身体にはさすがにきつい

久々に顔から汗!!
旅先用となってしまったノースリーブの服など、今着なきゃって感じです。笑

さて、そんな今日この頃。
本日ご紹介するのは、これからの季節にぴったりな一品

さっぱり梅肉をアクセントに使った、和風のタルタルです。

Cpicon 真鯛の和風香味タルタル by ケチャ&ウル

淡泊な白身魚のお刺身に、みょうがや大葉、ネギなどの薬味、
梅肉の酸味や塩昆布の旨みを、ねばねばオクラが上手にまとめてくれている、絶妙な美味しさ


個人的に大大大~~好きな味です

20170618 1 1


【コツ、ポイント】

粗く食感が残る程度に叩きます
使う梅干しによって、塩の加減を調節してください。

【アレンジ】

長女のお誕生日会に、ちょっとアレンジしたものをママ向け料理として出してみたところ、大好評でした。
アレンジ方法も併せてご紹介させていただきます。

アレンジレシピ
『昆布〆白身魚の梅肉&香味タルタル』

20170618 1

白身魚を簡易昆布〆
(霧吹きをかけしんなりした昆布の上に刺し身用の白身魚をそのままのせ、ラップに包んで一晩放置します)にし、
あとの手順は一緒です。
昆布〆にした魚のむっちり食感が楽しめます、と同時に材料のお刺身を前日から用意することが出来るので
おもてなしなどの際は当日が楽になります♪

 
先月末のこと。ちょうど誕生日当日、格安チケットで南イタリア(ナポリ~カプリ島、アマルフィ)へ行きました。
春なのに、連日まるで夏のような天気
その旅行中に買った器などを、ご紹介します。

レモンモチーフの器

20170618 3

ソレントという街で購入しましたが、訪れたカプリ島やラヴェッロ、アマルフィの街にも同じデザインの皿が売られていました。
手書き(多分)のあたたかみと、凹凸感のあるレモンがなんとも可愛い

20170618 6

白地に黄色と緑色という、爽やかなデザインなので
イタリアン的な料理にはぴったりです。適度に深さがあるのも使いやすそう

水色のふんわり花柄がかわいい器

20170618 4

ラヴェッロという、美しいアマルフィ海岸を高台から望める小さな街で購入しました。
他にも同じような風合いの器を見かけましたが、ひとつとして同じ柄がなかったので、これは確実に一点もの?!

20170618 5

普段使いにはもったいないような(笑)
さりげなく飾っておきたくなるような器です。

他は、味見し放題の食材店で美味しい!!と思ったトリュフ製品に
カプリ島界隈名産の柑橘果実で作った(と思われる)、香水やさんのルームフレグランス

20170618 2

絵画に描かれた貴婦人のように微笑んでいるかのような、木の猫。
我が家の猫の置物コレクションに新たな1体が加わりました


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト

トラックバック

GO TOP