力作✿夏のお花アレンジ「向日葵と野ばらのリース」「紫陽花のグラデーションリース」

長女の学校も夏休みがスタートし、本格的な夏到来

かと思いきや、涼しい日々が続いています。
週末は、本帰国する友達宅で行われたガレージセールに便乗させてもらい、私も出店
自分の家にある不用品を人に買ってもらうなんて、初めての経験でどきどきでした(数日前に誰も来ない夢を見たりした)。

時間を作って来てくださった方々、
情報を拡散してくださった方々、本当に本当にありがとうございます!!


またそのガレージセール終了後に、大好きな友達としばしのお別れということで涙してしまいましたが
同時に日本から両親が遊びにきてくれたりと、悲しんでいる暇はないッ

ということで、今日は最近の力作をご紹介させてください。
料理ネタではなくて、お花ネタです
(私がやっているお花アレンジは、生花ではなくて造花(アーティフィシャル)アレンジです)

春にイースターのリースを作って以来、プレゼント用に額入りのユニオンジャックアレンジを作ってみたりはしましたが

20170723 7
(今月NYへ横移動する友達へのプレゼントとして作りました)

夏らしいリースを作りたい

と考えておりまして。
ちょうどお花アレンジ仲間の友達が花市場に誘ってくれたこともあり、材料を仕入れることが出来まして、
勢いにのって2つこしらえました。

向日葵と野ばらのリース

20170723 4

向日葵をメインに、綺麗な野ばらと淡色の紫陽花、多肉植物、小花をあしらってみました。
リボンは夏らしい麦わら色で、ちょっと大きかったかな~と悩みながら。(今もこの大きさはどうか?と悩んでます

20170723 5

主役の向日葵が大きかったので、それに合う大き目のリースベースが見つからず
捨てられずにとっておいた桜アレンジで使った枝をぐるんと丸め(右)、あとはいらない茎数本をまげて絡ませリースベースを作り・・・

20170723 8

そこに同じく余っていたグリーンを散らして(写真左)、花材をのせていきました。

20170723 6

造花とは思えないほどの向日葵が実にリアルで
また、たまたま見つけたこの野ばらも、ゆれるとひらひらと花びらが揺れるので可愛く気にっています。

もうひとつは、これから秋にかけて楽しむことが出来るイギリスの紫陽花(日本ではいわゆる秋色紫陽花の種類になるかな)を使ったリースです。

紫陽花のリース

20170723 1

本物と見紛う出来の紫陽花を数種類使って、グラデーションにし、白い小花をアクセントに加えてみました。
これはひたすら花を土台のラタンリースにくっつけていくだけの単純作業なので、おしゃべりしながらの作業も楽しむことが出来ました。

20170723 2

実は、ドライフラワーにした紫陽花でも作ったことがあるのですが
どうしても色が劣化してしまうし、ちょっとした衝撃で壊れてしまいそうになる繊細な作品になってしまい・・・
それをアーティフィシャル花でクリアしたかったのです。

20170723 3

紫陽花って、日本独特の花かと思っていたのですが、ロンドンでは本当によく見かけます。
そして、秋までずっと美しく色を変えながら咲いている!!
このリースはそんな紫陽花の色の移ろいも感じられて
しかも落としてもへっちゃら♪というのが気に入っております。

なんて、「ドライフラワーにした紫陽花のリースはダメだ」というような書き方をしてしまいましたが
ドライのリースもすごくいいのです。
本物ならではの色味っていうのかな、優しい雰囲気があって見ていて癒されます↓

20170723 10
(去年の秋に作った作品)

左の青色(でももともとはピンク色の紫陽花なんですよー)は自宅の紫陽花をドライにして
右のやたらと美しいのは、友人が作ったドライ紫陽花で。Yさん、元気??


久々に出かけたお花市場(New Covent Garden Market)が、移転&新しくなっていました。(ちなみに移転前はこんな
Vauxhall駅からは離れてしまいましたが、かなり美しくなっていて感動

20170723 9

A先生、すごいよ~~!!
と思わず心の中で叫んでしまうのでした


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト

トラックバック

GO TOP