FC2ブログ

秋の行楽&パーティーに♪「レタスラップでいただく、『しいたけの海老詰め揚げ』」、新しい授業?のこと。

あっという間に9月も後半。
夏場には青く小さかった庭のドングリもいつのまにか大きくなって、庭に沢山落ちてくるようになりました。

この時期を待ってました!!とばかりににぎやかなのがリス達。
ドングリをカリカリと食べるリス、それを庭に穴ほって埋めるリス・・・眺めるだけで癒される日々です
特に庭の窓を開けていると、木の上のリスがドングリをかじってその皮を落とす音が「カラン、コロン」とキッチンまで聞こえてくるのですよ。ちょっと肌寒くてもついつい窓をあけてしまいたくなります



さて、今日ご紹介するレシピは、秋の味覚「きのこ」の中でも、ポピュラーな「しいたけ」を使った料理です。
苦手な方も多いかもしれない「しいたけ」ですが、独特の香りと歯ごたえが他には代えられないですよね。

ロンドンには、日本で売っているのが当たり前のきのこ
例えば、「しめじ」「まいたけ」「えのき」「エリンギ」などは入手がちょっと難しく、
売られてはいるけど、質がいまいちだったり、また高かったりして・・・

その中でも、「しいたけ」だけは「Shiitake」と表記され、生のものがマッシュルームコーナーに混じって売られているんですよ。
形もまちまちで、ぴらぴらと薄かったり、「こんなの売るのか?」と驚くほど小さいものが入っているんです

「う~~む。。。日本で食べたみたいな、しいたけの海老はさみ揚げが食べたいのに」

悲しい気持ちになること多々ですが、
逆にこのダメダメしいたけでも美味しくいただける一品が出来ました

Cpicon しいたけの海老詰め揚げ レタスラップ by ケチャ&ウル

とにかく大きさがそろっていませんので、2枚一組であんを挟めないし、
そんなシイタケでもけっこう高いので、なるべく枚数少なく済ませたいのよね~

という思いもあり、試した結果「挟むんではなく、生地をのせてボール状にしてカラりと揚げる」ことにしまして。
だけどそうするとボリュームが減るし、見た目も貧相になってしまうので、
大好きなレタスまきまき作戦でお好みのタレと一緒にパクリとサラダ仕立てにしてみることに。

これが、レタスラップ好きにはたまらないのです~

シャキシャキレタスや白髪ねぎに、ぷりぷりの海老が詰まったぷりっとしいたけ、2種類のタレがまたよく合います。

シイタケの油跳ねを耐えてでも食べたいッと思える一品が出来ました。
秋の行楽や、パーティーなどにいかがでしょうか。

しいたけの詰め揚げ

【コツ、ポイント】
・あんは粘りが出るまでしっかりと混ぜ合わせます。
・肉あんがしいたけのひだの隙間にも入り込むようにしっかりと付けます。
・白髪ねぎの他、パクチーなどを添えても美味しいです。(完全にエスニックになりますが)


おまけ

癒しのリスさん。
ちろちろ~っと現れて、カリカリとドングリをほうばり、芝生をほじほじ穴ほってドングリを埋めて
またちろちろ~っと去ってゆく。

20170920 1

ロンドンに来て初めてこのリスを見た時は「デカい・・・」その大きさに驚いたものですが
ふわふわのしっぽがたまらんです


長女の学校、最近のこと。

Year3になって、その時間割(といっても結構適当らしい)に
フランス語の授業と、トランペットの授業が出現しました。

20170920 2

弟に「フランス語でさようならってなんていうか知ってる?」と自慢げに話したり
長女の小さな体にはアンバランスなトランペットを持ち帰ってきて、だけどこれを家で練習するわけでもなく(笑)

20170920 3

ていうか、小1とか小2でトランペット?それよりもリコーダーじゃないの?
なんて思ってしまうんですが・・・どうなることやら、楽しみです


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト

トラックバック

GO TOP