FC2ブログ

放置で簡単!!「ほろほろ♫クミン風味豚肉のバルサミコ煮込み」、今年のハロウィンナイト。

長女のハーフターム休みも終わり、今週からいつもの生活♫
と思いきや、長男の幼稚園のハーフタームというのがまだまだ今週いっぱい・・・
子供のころはあんなに楽しかった「休日」なのに・・・

なんてぐちぐちしてみましたが、昨日はハロウィンということで
近所の家を「Trick or treat」してきましたよ
ほんの数日前に冬時間となり、一気に冷え込むこの季節、子供達と一緒に夜にうろうろするのはけっこう身体にこたえるんですが
子供達はこのイベントをものすごーーーく楽しみにしているので、ここはがんばりどころ。

それに日本に帰ったらマンション生活なので、こういう経験もここにいるうちなのかも。貴重です!!


さて、今日ご紹介するレシピは
今年5~7月に開催していた料理教室でもご紹介していた

Cpicon ほろほろ♫ポークリブのバルサミコ酢煮 by ケチャ&ウル

我が家のお肉苦手な7歳女子にも、お肉大好きな5歳男子にも大好評だったお肉料理

使う肉は「豚」、その「バックリブ」や「ロインリブ」と呼ばれる、骨付き肉だけどスペアリブよりあっさり目の部位
実はあんまり食べるところがないんですけどね
それだけにそのお肉部分が貴重でもあり、骨をしゃぶりながら食べる醍醐味?があったり、
こちらではバーベキュー用としても人気の食材のようです

その豚肉を、あえて和風味に、+バルサミコ酢を使ってほろほろになるまで煮込む!!
さらにこちらの豚肉ってけっこう獣臭がきついので、クミンを使ってみました。これが大正解

材料を鍋に入れ、灰汁とりは一度だけ。
あとは柔らかくなるまでことこと放置で出来ちゃう簡単レシピです♫


そのまま食べてももちろん絶品ですが
余った場合のおすすめはチャーハンの具材やラーメンのトッピング。+葱たっぷりでぜひ~

ポークリブのバルサミコ酢煮

【コツ・ポイント】

・ロンドンのスーパーではロインリブ(rack of loin ribs/背中側の骨付あばら肉)という名前で売られているバックリブ。
スペアリブより脂身と臭みが少なく、おすすめ。食べるところ少ないけど
・同じ豚肉であれば、肩ロース肉(Pork Shoulder)で作ってもとても美味しいです。


今年のハロウィンもご近所で。
長男は去年と同じく「スパイダーマンがいい」というので、まさかの2年連続着用
(大きめを買っておいて正解)

長女は、習い事からの途中参加となったんで、黒猫耳のカチューシャのみ。。。ごめんね。

20171029 2

家の玄関に、こうしてカボチャやお化けなどのデコレーションをしている場合、「Trick or treat」出来るようです。
そうでないフツーの家は多分ご迷惑となるので、素通りです。

真っ暗な家。
「あれ?誰もいないのかな?」と思いきや、突然リアルなモンスターが奇声をあげて出てきてくれた。

20171029 1

「きゃ~~」
思わず大人も悲鳴をあげてしまう。
幼い子供なら、マジで泣いちゃうんじゃないだろうか・・・
だけど最後には明るいおじちゃんの声で「バ~~イ♫」(笑)

20171029 3

ランタンのデザインが猫一家(左上)
この日のためだけにこのデカいのを収納できるスペースがただ羨ましい(笑)、巨大なお化けの仮面。
お洒落な生首、もげた手足が芝生に散らばる家(右下)
ハロウィンじゃない日にこれがあったら相当怖いんですけど、っていう素晴らしい力作!!

いろんな意味で感激しつつも、1時間もうろうろしていると、寒さがこたえますが
袋いっぱいにおやつをもらったところで、「おしまいね。(といいながら、やったーもう帰れる!!と喜ぶ私)」急いで帰宅しました。

帰宅後、我が家の玄関先でもカボチャを灯していたところ、数組の可愛いお化け達がやってきてくれ
日本語で「アリガトー」なんて言ってくれる子もいて、なんだかすごくうれしかったな


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト

トラックバック

GO TOP