FC2ブログ

サルデーニャ島旅行記②「カリアリ~サンベネデット市場、大聖堂など。&プーラ方面のビーチ。おススメのお宿♥」

サルデーニャ2日目です。
この日は、午前中にカリアリにある常設マーケット「サンベネデット」市場、王宮と大聖堂をサクッと見学し、午後はプーラという街のビーチに行ってみることにしました。

まずは、サンベネデット(Mercato di San Benedetto)市場へ。
(車はココに駐車しました。)
イタリアで最大と言われている一般向けにも公開されている市場なんだそうです。

20171020 1

外観はこんな感じですが、中に入ると沢山の人で賑わっていました。
まずはお魚のフロアへ。
見慣れない魚や、刺し身でいける貝類、巨大なイセエビでしょうか、そんなものが目に飛び込んできます。

20171020 2

美味しそうですー!!

ここに住んでいたら、100%買う!!と思う食材があふれています。
特に魚!!

魚以外にも、新鮮野菜と果物、チーズや肉製品やパン&ケーキのお店があります。

20171020 6

そういえば、サルデーニャ島には、人口以上に羊が多く住み
その乳をつかったチーズが名物なのだとか。
買いたかったんですけど、この日は午後に海で過ごすことを考えると、ハムやチーズは難しい・・・断念しました。

また、ヒぃっ

というのもいくつかありまして、

20171020 4

前日の夕ご飯で食べた、子豚ちゃん・・・
そして、さらに悲鳴なのがコレ。ふつうの貝とはやはりなんだか違うんですよ。もぞもぞしてる。

20171020 5

山盛りカタツムリーー
容器からのそのそ逃げようとしているヤツもいて、いい年こいてぶりっこするわけじゃないけど、やっぱ怖い。

また、この市場で狙っていたのが、「ボッタルガ(からすみ)」
日本人にも人気の「からすみ」、イタリア語ではボッタルガというそうで、ここサルデーニャの名産品なんですって。
市場ではこれを試食できます♫

20171020 27

こんな立派なからすみ見たことないわ、って立派なものから、小ぶりなもの、パウダー状になったもの
色々あって、めっちゃお値打ち価格

残りの旅程でボッタルガの産地へ行きそこでの購入計画をたてていたのですが
この市場でも買ってしまった・・・

そうそう、市場内に寿司やさんがありましたよ。

20171020 7
(ちょうど店員さんが隣の店舗の方とおしゃべりにて席はずし中)

壁には野菜巻きがプリントされてますけど(笑)サーモンやマグロの握りも売られていました。
日本食万歳!!

さて、市場を後にして向かったのは、前の日につづいて再び城壁内です。

20171020 8

市場からは徒歩で。しかも坂道上り坂。当時夏真っ盛りの為めちゃめちゃ暑く、サングラス帽子必須かも。
城壁をくぐると、国立考古学博物館があります。

20171020 9

カリアリの見どころのひとつらしいのですが、時間を要すること明白なので、ここは諦めました。
上ることはできませんでしたが、「サンパンクラツィオの塔」

20171020 10

カリアリの旧市街に残る3つの塔のうちのひとつで、
14世紀にピサの支配を受けていたころ、要塞の一部として建てられたそうです。

さらに少し歩くと、やけに眺めの良い広場が

20171020 11

この広場の先っちょに、通路が突き出ていて、そこが展望台になっているという
高所が苦手な方には恐怖の展望台です。

20171020 28
(この写真はGoogleマップから拝借しました)

床が網状の?鉄板なので、下が見えるのとすーすー風通しが良いのとで、恐怖度UPです。
私が高いところ苦手だからかもしれませんが

20171020 12
(私と長女7歳はこれ以上先はすすめず)

でも、暑さによる疲れ吹き飛ぶいい眺めでしたよー。

20171020 13

さて、景色を楽しんだ後は、王宮へ(上の写真右端の建物です)

王宮(Palazzo Viceregio)

実は、別に中を見学するつもりはなかったんですが、暑さのあまり涼を期待して入ってしまいました。

20171020 14

現在県庁としても使われている建物で、写真の会議室など見応えありです。
中もコンパクトで、ガラスのシャンデリアが可愛かったな~。

さて、ようやく本来の目的地、カリアリの大聖堂です。

20171020 15

サンタ・マリア・アッスンタ大聖堂
(Cattedrale di Santa Maria Assunta e Santa Cecilia)


13世紀、ピサの大聖堂を基にロマネスク様式で造られたそうです。
そういえば、ピサのそれに似てる…かな?!窓が少ないです。
さらに以降17~18世紀にバロック様式の装飾が加えられたそうですよ。

20171020 16

教会内部は、立派な大理石の柱や、美しいフレスコ画などを見ることが出来ます。
また、クリプト(地下礼拝堂)がとても広く約200人もの殉教者の遺物が保管されているとのこと、頷けました。

20171020 17

教会から、前日に訪れたサンレミ要塞の方へ。
坂道になっていたので、子供達も「線路~」といいながら、サクサクと歩いてくれて一安心。

サルデーニャ上陸、この2日間でで嬉しかったのが、地元ビールが安くて(ホテルでも2ユーロ代!!)美味しかったことです。

20171020 18

しかもジェラートやさんで売っていたりして。

子供達にジェラートを食べてもらいながら、ビールで喉をうるおして
駐車場までの道のりを散策しながら、さらにてくてく歩きました。

20171020 19

街の教会です。
この先を既に見学したサンベネデット市場の方へ向けて、のどかな住宅街?の通り(Via Piccioni)を歩いてみました。

ジョヴァンニ・アントニオ・ピッチョーニ通り

20171020 20

こんなに道に出していいの?ってくらい幅をきかせているプランターや植木鉢の緑
窓やドアにかけてある花なんかもかわいらしくて(こういう所は宿泊施設なのかな~)、和む通りでした。

20171020 21

また、立ち話をしていたオバチャンが「まぁ~可愛い!!何歳?!双子?(イタリア語で多分そう言ってる)」と、
まるで子犬をかわいがるようなテンションでうちの子供達をなでなでチュッチュしてきてくれたり

ランチは軽くパニーニで済ませ、カリアリから車で40分?Pulaという街の先にあるChiaのビーチへ行きました。
広く砂っぽい駐車場があって、そこからすぐに広い砂浜が広がっており、長い木道を歩いたところに多くの人で賑わうビーチがありました。

Su Giudeu Beach

20171020 22
(めっちゃ綺麗です)

前日に買ったパラソルを砂浜にぐさっと突き刺し、ござを広げて、ビールを飲んでトドになり読書。
たまに「ママも来てよっ」と言われたら、ほいほい~と海へ。

20171020 23

日焼けどうこうよりも、シミが気になるんですよね。
あとはこの体型ね。周りと比較すると、さらに悲しくなります

そんなこんなで美しい海を堪能した後は、夕暮れ前にカリアリに戻りました。
その途中、野生のフラミンゴがくつろいでいるのを見ることが出来たり、得した気分に。

一旦宿に戻ってシャワーを浴び、前日「こんなに美味しそうな店があるから迷っちゃうね~」
なんてノー天気にうろうろしていたレストラン街へ行ってみました。

が、ここで予想外の展開!!
良さげなどの店も予約でいっぱいだというんです。

「あと2時間後なら~」とか言われても子連れには厳しい・・・
かといって、お客さんが全然いないお店に入るのもなぁ・・・
サルデーニャ2日目にして夕ご飯難民になりかけたころ、ようやく入れたお店。
ホテルの1階にあるレストランで、アミューズや前菜もこじゃれていて、サービスもすごくいいし、もちろん味もGOOD

20171020 24

生ガキの何とか、白身魚のタルタル(酸味のある苺やネクタリンが入っていたけど悪くなかった♫)、
ボンゴレや魚介のラグーパスタはめっちゃうまだし、肉もワインも美味しくいただきました。

でも、この界隈にしては少し高め?

Ristorante L'Ambasciata
Via Barcellona, 44, 09124 Cagliari CA, イタリア
+39 070 655357

翌日は、カリアリを離れて世界遺産の遺跡があるバルーミニへ行きます。

と、その前に、カリアリでお世話になった宿がかなりよかったので、ご紹介させてください。
高級ホテルとかでは全くないんですが、

20171231 66
(通りからだと全然目立たず、でもよく見るとここだけなんかお金持ってる人の家?って感じ)

「家賃払ってここに住んでもいい」と思った宿です
カリアリでお世話になったのは「私ここに住んでもいいよ」という宿でした。
だいたい我が家の旅行計画では、けっこう長く滞在することが多いので、宿泊費はそのぶん予算が削られていきます。
今回は10日間の旅だったので、中には値段の割に「おいおいおい」とつっこみどころ満載なホテルもあったんですが、
ここはよかったな~。

「駐車場がないから路駐しないといけない」と不安はありましたが、カリアリの中心地から離れた場所だったので
宿の前の通りの路駐スペースも空いており、そこは大丈夫でした♫

家族経営のB&Bみたいなところですが、お父さんもお母さんもフレンドリーで
黒いワンちゃん(あともう一匹いたかな?)もすごくいい子。
と、これが猫なら写真撮りまくったと思うんだけど

20171231 67
(フロントとそれに通じた庭のくつろぎスペース)

朝ご飯は、フロントにあるダイニングテーブルで相席、なんですが
私たちが泊まった部屋が一軒家?ていうほど広くって、水回りも快適で、ぴかぴかだったんですよね。

20171231 68
(泊まった部屋、ていうか家。元々はこのお宅のワイン蔵であった建物をリフォームしたそうです。)

外には屋根付きでBBQが出来るキッチンが完備!!バドミントンできるんじゃないってくらい広い!!
例の市場で食材買ってきてバーベキューできます。

20171231 69

部屋はメゾネット。ていうか、フツーの2階建ての家でした。トイレと洗面所、流れの良いシャワーは各階に完備。
1階のリビングもロンドンの家のLDより広いんじゃないか・・・
キッチンも、日本のシステムキッチンのような美しさ

20171231 70

2階のソファはワイン樽をアレンジした素敵仕様♫

また、冷蔵庫にある飲み物が格安!!
そして、気になる宿泊費も、全然フツーなんですよ。

オーナーのお父さんも本当に親切で、おススメのお店やビーチ情報はもちろん
英語の通じにくいお店の予約もしてくださいますです。(このあたりは当たり前なのかもしれないけど)

La Peonia
Via Alberto Riva Villasanta 77, 09134 Cagliari CA, イタリア
+39 070 513164
スポンサーサイト

トラックバック

GO TOP