FC2ブログ

南ドイツ②「ローテンブルクのクリスマス☆彡」

ロンドンからドイツ(ミュンヘン)へ、午後にニュルンベルクのクリスマスマーケットを堪能して一泊。
翌日はロマンティック街道にある日本人にも人気の街「ローテンブルク」へと向かいました。

ローテンブルク(Rothenburg)

城壁に囲まれた中世の街並みが保存された美しい街です。
噂には聞いていたけど、まるでテーマパークにでも来たような、おとぎ話にでも出てくるような世界がそこにありました。

20171223 1
駐車場はこのガルゲン門(Galgentor)付近にありました。

とにかく可愛いらしい街です。
日本語のガイドブックが売られていたり、日本語の案内を店頭に掲げるお店もあったして、
最近こういうところへ行くと中国語ばかりだから、なんだかちょっとうれしい。
そういえばミュンヘンの空港の入管でも日本語であいさつしてくれてたなぁ

20171223 2

町全体がクリスマスの雰囲気にあふれていて、寒いのに気持ちがあたたかくなれました。
店頭のツリーや、窓辺に飾られたリースなどもほとんどが生木が使われていて素敵

20171223 3

きゅっと絞られた赤い魔女の帽子のようなツリー、
にっこり微笑む藁人形の顔が、ちょっとサボさんに似てない?(サボさん、て懐かしすぎる)とか

20171223 4

これは観光客向けというより、地元の方向けっぽいお店ですが
フレッシュなリースベースがたくさん売られていましたよ。

20171223 5
(ロンドンと物価そんなに変わらない?)

ガイドブックにある「おススメの歩き方」の通り、レーダー門から西へ歩き
街の中心地、マルクト広場へ。

20171223 6

まず大きな市庁舎が目に入ってきます。
16世紀の戦争で破壊されたため、広場側はその後新たに建てられたそうですよ。
高さ約60メートルもの塔には上ることも出来るそうです。

ここでも小規模ですがクリスマスマーケットが開催されていました

20171223 7

おなじみの焼きソーセージ、グリューワイン(ホットワイン)、山積みのシュトーレン。
市庁舎の前で吹奏楽の生演奏を聞くことができました。

そして、この広場ではこれも見たかった

20171223 8
(雪がちらつく空だったのに、急にこの時だけ青空!!)

「市参事宴会場」のからくり時計です。
30年戦争(ざっくりいうと当時のドイツ、神聖ローマ帝国が主な舞台となったプロテスタントとカトリックの戦争)でこのローテンブルクを占領した将軍が「この巨大ジョッキのワインを飲み干すことが出来るやつがいれば、議員の斬首は中止しよう」と提案したところ
当時のローテンブルク市長がそれを見事に飲み干し、議員の命が救われた!!という伝説によるものだそうですよ。

20171223 9
(右側が飲兵衛市長かな?)

晴れてきたし、この日のランチもマーケットで軽く腹ごしらえするつもりでしたが
子供達が「トイレトイレ」と騒ぐので、カフェでビールでも飲もうと入ったお店で、ついガッツリ食べてしまいました。

20171223 13

大好きな小麦ビールと、仔牛のカツレツ「ヴィナーシュニッツェル」にロールキャベツ。
カツレツはウマウマでしたが、ロールキャベツはちょっとこれまでに食べた中で一番・・・記憶に残る味でした。笑

20171223 14

Ratsstube
Marktpl. 6, 91541 Rothenburg ob der Tauber

本当にこの町はクリスマスマーケット以外でも、思わず入りたくなるようなお店がたくさんあって
小さな町だから数時間で回れると思っていたけど、そうでもなかった!

20171223 10

有名なXmasショップの本店では、入場する列が出来ていたり
テディベアのショップでは、入口のベアと記念撮影をする家族(うちも。笑)で賑わい、
どこを見てもクリスマスな雰囲気です。

20171223 11

テディベアの店では、人生初めてのシュタイフ製ベアを買いました。
そして何故かこのシュタイフにはさほど興味を示さないわが子たち、ママのシュタイフはどうやら平和に過ごせそうです。

町のパンやさんやお菓子屋さんで売られたいたのが、
まんまるで可愛い形の名物菓子、シュネーバル(Schneeball)

20171223 12
(パン&お菓子屋さんの看板がプレッツェルなのがかわいい!!)

サクサク生地を丸く成形した揚げ菓子で
砂糖まぶし、チョコがけのものなど色々、けっこう大きいのですが、ミニサイズのシュネーバルも売っていました。
甘党の長女が中心となって、ミニサイズ2個ぺろっと食べてしまいました。

聖ヤコブ教会(St.Jakobs Kirche)

20171223 15

1311年から約170年かけてつくられたそうです。
著名な彫刻家の作品を見ることができるそうなんですが、時間がなくてパス。

またちょっと小道を入ったところに、展望台があったりして

20171223 17

ローマ時代の水道橋に似た「ドッペル橋」が見えました。

サンタさんの恰好をしたアコーディオン奏者の人、連れているふわふわのワンコも
サンタの衣装を着せられ、大人気!!

20171223 16
(左側の白いもこもこ)

帰りは、城壁に上り街を眺めながらのんびり歩きました。

ローテンブルクは大戦中に甚大な被害を受けたそうですが
その後世界中からの寄付が集まり現在のような美しい姿で復興することが出来たそうです。
その時の寄付者の名前がここに刻まれていました。

20171223 18
(日本人や日本企業の名前もたくさん!!)

続く


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト

トラックバック

GO TOP