FC2ブログ

おせち料理「ゆず香る紅白なます」&2018年おせち記録。

あけましておめでとうございます!!

昨年も年末は例年通り旅行をして、帰宅後におせちの仕込みをしまくり
大晦日はテレビで日本の紅白を見(海外にいると、紅白を見たくなるんです)、
イギリスのTVで毎年恒例のカウントダウン花火を見、爆睡!!
元旦を迎えました。

元旦はちょっと朝寝坊して、それでも雑煮とあんこ餅を用意しまして、
その後はご近所さんにおすそ分けするおせちのつめつめ作業・・・

おせちと言えば、渡英直後にかなり悪戦苦闘したのですが、その後は要領を得て、
それなりに日本のおせちを作ることが出来まして、毎年少し多めに作りご近所さんにおすそ分けをしています。

仕込み中から、子供達が「おせち早く食べたい~~」と興味を示してくれるのが本当にうれしいです

さて、今日ご紹介するのは、おせち料理の中の代表レシピ

Cpicon おせち料理 ゆず香る紅白なます by ケチャ&ウル

おせちを作るようになって、かれこれ20年以上経つのかな・・・(年齢がバレますが)
中でも「紅白なます」は、大根と人参の重量を計ることなんてしないので、ついつい適当に作っちゃうんですけど
人からレシピを聞かれることも多く
毎年とっていたメモをまとめて行きついたものをご紹介させていただきます!!

うちの「紅白なます」は、甘い酸っぱいの両極端から脱却した、ゆずの風味が決めてのもりもり食べられる美味しさ
ちゃんと日持ちがしますし、ていうか日が経ったほうが味がなじんで美味しいです。


もう新年を迎えたこのタイミングでは遅いけど、
「紅白なますって味が決まらない」そんな方のお役に立てれば幸いですし
また、来年のおせち用レシピに控えてもらえたら嬉しいです。

紅白なます

【コツ、ポイント】

・塩は粗塩を使用しています、普通の食卓塩を使う場合は控えめに
ゆずはぜひ加えてください。これがないのとあるのとでは味が違います。
日持ちは1週間以上、清潔な容器で保存すればもっと日持ちします


さて、今年のおせちですが、色々考えるのもめんどくさくほぼ去年と一緒
それでも29日の夜(正確には日付変わって30日)に旅行から帰宅して、自宅用+おすそわけ用を仕込んだ自分をほめたい
以下、自己満の記録記事です。

2018年 我が家のお節料理 

20180101 1
(去年のおせちと違いを探そう!!と言いたくなる内容)

壱の重

今年も重箱には、市販の「2 in 1 Parchment&Foil」と庭の笹の葉を使って9マスの仕切りを作り、
3×3の市松型に盛り付けました。
仕切り作るのめんどくさかったんですが、ここ数年間の無駄な鍛錬が実り(笑)、けっこう楽勝作業となりました。

20180101 3

黒豆、紅白かまぼこ、伊達巻、ししゃものマリネ、栗きんとん、田作り、紅白なます、数の子に浸し豆、昆布巻き

黒豆は毎年さとみわさんのレシピで砂糖控えめに作ります。Cpicon 圧力鍋で♪黒豆 by さとみわ
かまぼこは、一正蒲鉾さんのサイトを拝見して飾り切り♫
マイレシピは、Cpicon おせち料理 ゆず香る紅白なます by ケチャ&ウルCpicon ししゃもと香味野菜の南蛮漬け風マリネ by ケチャ&ウルCpicon おせち料理 砂糖要らず♪うちの栗きんとん by ケチャ&ウルCpicon おせち料理 薄味♪ポリポリ田作り by ケチャ&ウルを参考に。
薄味の昆布巻と、甘さ控えめに作りたいけど毎年いまいちな仕上がりの伊達巻(笑)、塩カズノコから作る浸し豆のレシピはいつかアップ出来たらいいなと考えています。

弐の重

田の字型で、肉や魚の焼きものや煮物など、主菜になるものを詰めました。
今年は長男がこの段をよく食べる食べる!!

20180101 4
(これも昨年と一緒)

鴨の山椒煮、サーモンのゆず塩麴焼き、海老の鬼殻煮、鶏の八幡巻き

参考のマイレシピ
Cpicon おせち料理「あっさり系海老の鬼瓦焼き」 by ケチャ&ウルCpicon おせち料理 サーモンの塩麹&柚子漬け焼き by ケチャ&ウル

鴨のタレの味付けに山椒を使っているんですが、
今年は日本の実山椒佃煮と、中華で使用する花山椒をWで使い、これは上出来でした。
サーモンには、生柚子が入手できず市販の冷凍ゆずを使いました。

20180101 9
(これはけっこう使える!!)

鶏は、皮つきモモ肉が売っていない国なので・・・骨付きの足8本をキッチンばさみでちょきちょき
料理教室でもご紹介しているやり方なんですが、実は鶏の皮苦手なのでこの作業がほんと辛い

参の重

どさっとお煮しめを詰めました。

ごぼう、レンコン、たけのこ、こんにゃく、さといも、鶏肉、人参、絹さや

20180101 5
(写真がブレ気味なのも昨年と一緒。笑)

これだけは前日夜に軽く煮ておき、元旦朝に仕上げます。
皆さんもご存じのとおり、一旦冷やすことで味がしみしみになりますので、かといって前々日ですと冷蔵庫に保管するスペース問題が生じるので、このスケジュールが大事!
ちなみに人参と里芋は別に煮て、仕上げに合わせました。

20180101 2

さらに昨年に続き、今年もお世話になったご近所さん達におすそ分けをしました。
前回容器を仕切るのが超絶面倒くさかったので、一時帰国中にネットで買っておいた容器が大活躍

20180101 6

ちょっとバカみたいな作業ですが、元旦早々から喜んでもらえることが、本当にうれしいので
鶏の骨取り作業とか、昆布巻きのかんぴょう結びとか、人参の飾り切りもがんばれちゃいます!!
ていうかもっと他のことでがんばらないといけないことがたくさんあると思うんですが、結局のところ私は料理が好きなんだな、と。

夜はいつもより早い時間から家族でこのおせちを囲み、ドラえもんを見(笑)、
食後に「はらぺこあおむし」のかるた遊びをしましたよ。

20180101 7
(友人が作ってくれた鏡餅と、実家風に作った今年の雑煮)

昨年度もたくさんの方にお世話になりました。本当にありがとうございました!!
そして新たにスタートしたこの年が、皆さまにとっても幸せいっぱいの一年になりますように
本年度もどうぞよろしくお願いいたします!!


20180101 8
(年末旅行先にて)


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト

トラックバック

GO TOP