FC2ブログ

今年も感謝!!「中華風の七草粥」、デザインミュージアム(Design Museum)のフェラーリ展&タパスバーなパブ。

こんにちは。

ロンドンでは、元旦あけて2日からお店が通常営業に、公立校も始まったりするので
「お正月」な気分が一気に失せます。

辛うじて主人が3日まで仕事を休んでいたので、我が家ではなんとな~く3日まではお正月気分でしたが
4日からは料理教室もはじまり、道で友達(日本人)に会っても「あけましておめでとう!!」を言い忘れちゃったりして

そんな日々の中、クックパッドにアップしているレシピ「Cpicon 中華風のお粥で作った『七草粥』 by ケチャ&ウル」に今年も沢山のつくれぽを頂戴しています。

当初まさかこんな多くの皆さんに作ってもらうことになるとは、つゆ思わず、一重に感謝感謝で
また、クックパッドさんの献立や、レシピブログさんの記事に掲載していただいたりと、
本当に、ありがとうございます!!!!

七草粥 1



中華風の優しい美味しさ♫
おかゆが苦手な方にもおススメです!!


さて、寒さがぶり返してきた今週末
ずっと気になっていた、博物館の特別展示を見に行ってきました。

デザインミュージアム(Design Museum)

他の博物館や美術館に比べてこじんまりとしてるのですが、私の周りではとても評判がよいので、ロンドンに遊びにくる友達におススメする場所のひとつなのです。

20180108 1

が、実際の本人は行ったことがなかったという・・・なんともお粗末な話でして

ここで、最近フェラーリの特別展示がされている!!
と、車大好き主人と長男の食いつきがハンパなく、在英5年目にして初のデザインミュージアム

20180108 10

館内は地下1階~地上3階建てとなっていて、無料の常設展は3階に、有料の特別展示は地下と1階にありました。
元々は、日本とも縁のあるホランドパークに隣接する旧Commonwealth Institute(英連邦協会)の建物を5年かけて改装したものだそうです。白い壁と木が使われた、なんとも言えないあたたかみを感じられる建物でした。

まず私たちは1階のフェラーリ展(Ferrari: Under the Skin )へ。

20180108 2

車好きな方にはたまらないのだと思います。
創始者エンツォ・フェラーリさんの生涯、フェラーリの作る初期モデルから最新の?展示があったり
貴重なデザイン画や資料なども見ることが出来ました。

20180108 11

5歳の長男は終始目を輝かせながら「あっ、エンジンの部品だよ」と言ったりして、
エンジンが出来る工程を移した画像を何度も何度も見てました。

中でもつい嬉しくなってしまったのがこれ。

20180108 3

日本上陸50周年だっけかな?(昨日のことなのに記憶力微妙
それを記念した世界に10台の限定モデル(の、車体半分は型みたいになってる状態)なんだそうですが、
懐かしい日本のナンバープレート付き。

20180108 4

その他、その開発や製造に関わるあれこれ、
時代によるデザインの変化、著名人とフェラーリの展示がありました。

フェラーリがパリの街を疾走する、その運転席からの?映像にくぎ付けになる旦那&子供

20180108 6
(私は酔いそうになった)

シートに座ってみたり、ハンドルを握ってみたり
一生この車に乗ることはないであろう庶民の為のコーナーもあり

20180108 5

フラッシュ撮影以外はカメラOK
ショップにもフェラーリ関連の商品が置いてありましたので、こんなの大好きなご家族がいらっしゃる方はぜひ

また、無料の常設展も、興味深いものが多く楽しい!!
「Designer Maker User」
デザイナーと作り手と消費者、3者のつながりとその関係からモノが生まれるという観点から、デザインそのものだけでなく、それが生み出された歴史やその背景なども含めた展示を目指したそうです。

20180108 8

普段、私たちの実際の生活に欠かせないものが多く
「あ、昔こんなのあったよね」とか
「最近のこれ、こんな風に出来たのね」とか、そんな話に盛り上がれるかも。

また、アップルやブラウンに並んで、SONYの展示コーナーが

20180108 7
(こういうのがいちいち嬉しい)

また、いわゆるデザイナーチェアを座り比べできるコーナーがあるんですが
ここにあるコマみたいなイスが楽しすぎました。

20180108 9

コロンコロンと回るので、ちょっとしたアトラクション気分であります。
ショップで£335で買えるみたい(広いおうちの方が買うのだろう…)

ぶっちゃけ、フェラーリ展は「車が大好き!!」ってわけでもない人には高いかもしれないけど(事前にオンライン購入すると、家族割引とかあります)常設展示はこの内容で、無料(とはいえ寄付BOXがありますので)とはちょっと信じがたい。

高級住宅街にあって、ハイドパークなんかとはちょっと違う雰囲気の落ち着いた公園ホランドパーク
ここに来ることがあれば訪れてみて損はない場所だなと思いました。

さて、ミュージアムのあとは、昔旦那が独身時代に住んでいたことがあるというフラットのそばにあるガストロパブへ
ここではスペイン風タパスをいただける、そうなんですが…

20180108 12

お値段は都会価格、パスタもやはりアルデンテではないけれど、グリークサラダは最高!!サービスも良く味もなかなか。
ちなみに隣に座った家族のブロンドのお坊ちゃま(推定年齢うちの長男より下か同じか、4~5歳?)がめちゃめちゃ愛想よくお行儀もよく、別れ際には私たちに「Bye~サヨナラ!」と言ってくれたのが、今日一のヒットとなりました。笑

あの年齢にして、日本人びいき?
親戚に日本人がいるのかな

20180108 14

Princess Victoria
25 Earls Ct Rd, Kensington, London W8 6EB
020 7937 4534
スポンサーサイト

トラックバック

GO TOP