FC2ブログ

サルデーニャ島旅行記⑦「6日目、しましま教会~海水浴~カゴの街『カステルサルド』」

サルデーニャ6日目
ボーザのホテルを出発し、次の目的地カステルサルドという街へ向かいます。

途中、旦那が「ここはぜひ行ってみたい」という教会があったので、途中立ち寄ることに
荒野の中に突如現る!!ていう感じで目に入ってきました。

20171231 1

サンティッシマ・トリニタ・ディ・サッカルジャ教会(LA BASILICA DI SANTISSIMA TRINITA’ DI SACCARGIA)
と、名前がやけに長いというか、聞きなれないイタリア語の横文字が頭に入らないので、通称で。

サッカルジャ教会(LA BASILICA DI SACCARGIA)

12世紀に建てられたピサ・ロマネスク様式の教会です。

20171231 2

これがまた、一度みたら忘れられないようなしましま模様なんですよ。

白い部分は石灰岩、黒は玄武岩を使っているそうです。
この年の春に訪れたアマルフィの大聖堂もやけにしましまだったけど、それ以上の存在感!!

20171231 3

外壁のところどころにある、彫刻がなんとも愛嬌いっぱいで思わず笑みがこぼれます。
(ちなみに彫刻はほとんどが作り直されたものらしく、当時の物は教会内部に展示されていました)

20171231 4

教会内部は、とてもシンプル。
そして、厳かな空気が張り詰めていました。
壁の装飾が少ない分、主祭壇に描かれたフレスコ画が引き立って見えます。

20171231 5

ヨーロッパを旅行する中でいくつもの教会を見てきましたが、この教会は外観もそうだけど、内部もすごく心に残るというか
とにかく忘れられない教会になりそうです。

20171231 6
(教会の裏側)

しましまをバックに、めずらしく自発的に「写真とって」といい顔をしてくれた姉弟

20171231 7
(「ハイ、肩組んで~」とか一切強いることなく自然に撮れた♪)

教会見学のあとは、子供のお楽しみ♫

ってことで、海へ行きました。
しましま教会と次の目的地カステルサルドからはちょっと離れた場所なんですが
「せっかくだから綺麗なビーチへ行こう」ということで

Spiaggia di Mugoni
(←多分ここかなっていう?)
20171231 8

お昼ご飯はビーチで軽く
大人はビールを飲みながら、パニーニとタコのサラダをつまみました。
海の家的なところで買ったパニーニやサラダ、海価格だけどけっこう旨いのです。

午後の数時間ビーチで遊んだ後、この日のお宿があるカステルサルドへ向かいました。
カステルサルドは、以前ブログでご紹介した「籠の街」としても知られている素敵な街です!!

20171231 9

カラフルな街の上の丘に城壁があるのは、ボーザと同じですが、ここは城壁の規模がずっと大きく素敵な旧市街があるのです

ホテルにチェックインしてすぐ、海で遊んだ身体をシャワーで流し、
この日の夕ご飯を予約した城壁内にあるレストランへと歩いて向かいました。

けっこうな坂道や階段を上り、到着~

城壁内に入ってすぐの場所にあって、私たちが来た時には既に大繁盛していたお店です。
料理が美味しくないはずはない!!

20171231 11

眺めもよくって、これは旅行中のテンションが上がるってやつです。
シーフードの盛り合わせや、ズッキーニの花フライ、からすみたっぷりのボンゴレも◎
一見地味な白身魚のトマト煮もケイパーがアクセントになっていて、私の大好きな味でした

20171231 10
(写真を撮るには暗くてこんなんだけど…)

Ristorante La Guardiola
Piazza Bastione, 4, 07031 Castelsardo SS, イタリア
+39 079 470755

翌日。
(サルデーニャ島7日目)

再びカステルサルドの城壁へ登り、旧市街を散策することに。
これはパンフレットにのっていた地図なんですが、その正確さはさておき(笑)、小さな道がたくさん入り組んだ街の雰囲気はまさにこんな感じ。

20171231 13

まず向かったのは、籠細工の博物館です。

Museo dell'Intreccio Mediterraneo

20171231 16

12世紀に要塞として建てられた古城で、現在は、カステルサルドの名産品であるカゴの博物館となっています。
古来よりその生活に関わってきた道具としてのカゴ細工、要塞として利用されいたころの武器などの展示を通じて簡単な歴史も学べるような場所でした。

20171231 17
(古いお城の中をうろうろ歩きながら見るのは楽しい♫)

そしてなんといってもおすすめはここ。

20171231 18

カステルサルドがそう大きくない街であることを実感しますが
遠くからでも透きとおってみえる海の青さ、連なる丘と家々。

20171231 19
(泊まったホテルは写真の写真の真ん中!)

そして、この町の名産品が「籠」というだけあって、籠を店頭に並べたお店が多いこと!!
南欧っぽい街のこんな雰囲気が大好きです。

20171231 14

以前のブログ記事にも書きましたが、私はこの街で、大きな平皿型のカゴと、スリッパ入れとして目を付けたカゴ、
小さなマグネットになったカゴを買いました。

20171231 15
(籠三昧♫編んでいる様子をみせてくれるお店もあります!!)

ランチは、私がカゴを購入したお店のおばちゃんご推薦のレストランへ。
(多分、おばちゃんの家族?親戚?かも。笑)

カラフェになみなみと注がれたワインがすすむ、シンプルだけど美味しいシーフードの前菜とパスタ。

20171231 20

カジュアルなんですけど、細い小道に並べられた席は心地良い風通しが最高で、
暑い夏の日のランチとしては文句なしです

20171231 21

Il Piccolo Borgo
Vicolo d'Azzone, 11, 07031 Castelsardo SS, イタリア

さて、ランチ後もふたたび城壁に囲まれた旧市街の散策を続けます。
(午前中はのんびりカゴ箱物館に時間を費やしてしまったので)

20171231 22

真夏の日の午後だったせいか、意外としんとしている場所もあったりして
建物の隙間からのぞく空や海がとてもきれいでした。

ホテルへ戻り、この日は海水浴ではなく、プール!!

20171231 23

決して広くはないプールですが
一部が浅くジャグジー併用となっているので大人も子供も楽しめるプールでした。

そんな、カステルサルドで2泊したホテル
Hotel & SPA Riviera Castelsardo
Lungomare Anglona, 1, 07031 Castelsardo SS, イタリア
+39 079 470143

食べて歩いて、水遊びして、また食べて・・・

夕ご飯は、前の日に予約しようとして予約できなかったお店へ
ここは評判通りの味良しサービス良しです!!

シーフード前菜の盛り合わせ的なの(上2段)だけでも満足出来ました♫

20171231 24

マグロのたたき風なの(左下)
こんなにパルミジャーノ食べられないよっていう量が添えられており、不覚にも「醤油欲しいな」って思ってしまったんですよね。
ダメ元で醤油を頼んでみたら、「私もこれは醤油が合うと思うの!!」とキッコーマン持ってきてもらえました

20171231 25

Trattoria L'imperfetto
Via Brigata Sassari, 10, 07031 Castelsardo SS, イタリア
+39 345 924 9802

以上、私のようなカゴ大好き人間にはたまらない街、カステルサルドでした。

サルデーニャ旅行記、まだまだ続きます


スポンサーサイト

トラックバック

GO TOP