FC2ブログ

サルデーニャ島旅行記⑧「カエサルが作った港街、ポルト・トッレスへ。島最大のロマネスク教会とローマ遺跡見学!」

サルデーニャ8日目。

2泊したカステルサルドのホテルをチェックアウト後、ポルト・トッレスという港町で1日を過ごし
8~9日目に2泊する予定の街、スティンティーノへと向かいました。
その途中に立ち寄った街が

ポルト・トッレス(Porto Torres)

20171231 36
(市役所前の大通り)

ローマ時代、カエサルによって建設された植民市を起源とするそうです。
そんなに栄えている風でもない港町という雰囲気でしたが、先史時代のヌラーゲや、新石器時代の共同墓地、ローマ時代の遺跡もあるそうで、私たちはまず、11世紀に建てられたというサルデーニャ島最大のロマネスク建築を見学しました。

20171231 31
(右下の→がさしているのがサン・カヴィーノ教会、左上→が、ローマ遺跡。)

サン・ガヴィーノ教会(Chiesa di San Gavino)

大きい!!
ていうか、長い!!

20171231 26

外観はその二言につきます。
11世紀に建てられたというから、約1000年以上前ですよね。はぁ、すごい。
後陣(祭壇の後ろ、半ドームになってるところ)がその左右?前後?に2つあるのが特徴なんだそうです。

中も長い!!

20171231 27
(左、キリスト教が公認される前の時代に殉教した街の聖人の像、らしいです)

いかにもロマネスクといった感じで、ごくシンプル。天井には木の板が張られています。
また、地下が広いぞっていうのが、その床から見てもよくわかるようになっていました。

20171231 28
(足元からクリプトが見える!!)

で、早速地下のクリプトヘ。
さらにもうひとつその下に部屋があり、まるで地下2階建てみたい。そこはちょっとカメラで撮影してはいけないような(確かフラッシュ撮影のみ禁止でした)厳かな雰囲気が漂っていました。

20171231 29

ここにはローマ時代の棺も置いてあるそうです。

ちなみに、ここを見学している間「日本人の方?私、日本の〇〇大学(←なんと私の母校!!)にいたことがあってね・・・」
と、外国の方に英語で話しかけていただきまして
もう卒業して何〇年にもなるのに、なんだかうれしかったな~~

20171231 30
(サン・カヴィーノ教会の周りの広場)

教会を見学した後は、遺跡へ行ってみました。
街中に車を停めて、暑~~い中てくてく・・・

Antiquarium Turritano Porto Torres


到着したのは、遺跡の中に立つ博物館。
発掘品や当時の生活に関する簡単な展示があり、遺跡内はツアー(英語あり♫)で回りました。

20171231 32

こういった遺跡ではおなじみのローマ浴場、
家屋から発見されたモザイクタイルなど、春に見たポンペイやエルコラーノ遺跡ほどの規模ではないけれど
全然期待しないで訪れると、やっぱりすごいなローマ人!!ってなります。

20171231 33

また遺跡の美しさや、その眺めなどは、同じサルデーニャ島では先に訪れていたタロス遺跡が素敵すぎて比較できませんが
タロス遺跡では発掘されたものが、別の場所に展示されていた(街中の考古学博物館)のに対し
ここでは同じ施設内で見ることが出来るのでありがたいかも

20171231 34
(いまだ発掘中)

最後にガイドさんが、敷地内にあったイチジクを「これちょうど美味しいわよ」といって皆に試食させてくれました。
試食っていうか、けっこうがっつりいただきました

20171231 35
(美味しい

遺跡見学後は、遅いランチをいただきました。
子供達が「ピザ食べたい!!」というので、ピザが食べられるお店~

英語が全く通じないけど、味もサービスも家庭的で心地よいレストランでした

20171231 37

↑写真はマルガリータとカラスミのパスタですが、
他にオーダーしたトマトソースのパスタやシーフードサラダも料理上手のマンマが作ったみたいな良いお味♫

Trattoria La Tana
Via Camillo Benso Conte di Cavour, 25, 07046 Porto Torres SS, イタリア
+39 079 502246
見た目ちょっと怖いけど子供に優しくジョークを飛ばす、フロアスタッフのごついおばちゃんが、オネエぽかった。笑

以上、ポルト・トッレスでした。
その後は、この日宿泊するホテルがあるスティンティーノへ移動です

スポンサーサイト

トラックバック

GO TOP