FC2ブログ

イースターに♫「半熟卵の茸ポテトサラダ&フレンチドレッシングのレシピ」、おススメの卵型チョコレート!!

今年もイースター(復活祭)が、やってきました。
キリスト教国では、イエスキリストの復活を祝う大切な行事で
長女の通う現地校も、長男の通う日本人幼稚園も、この時期から4月半ばすぎまで日本でいうところの「春休み」です。

イースターが近くなってくると、スーパーなどでは、黄色い水仙のつぼみ束(一束£1とかで安いっ!!)や
ウサギやひよこのぬいぐるみ、パステルカラーのイースターグッズ、カード等々
さらには様々な卵型チョコレートが並びます。

このチョコレート、当初は「あんな巨大なチョコレートをわが子に食わせるか!!」と思っていたのですが
中にはけっこうかわいらしい卵型チョコレートもあって、子供はもちろんですが、大人がつまんで食べるのも悪くないなと思うようになりました。

「チョコレートはちょっとだけ食べるから美味しい」という私
「とにかく甘いもの、チョコレートだ~~い好き」な長女
「みんなが食べてるから僕も食べる」という長男
そんな私たちが気に入っているのが、この2種類です

20180330 3

Galaxyの「ゴールデンエッグ(GalaxyGolden Eggs)」と、Cadburyの「ミニエッグ(Mini Eggs)」

どちらもうずらの卵を一回り小さくしたようなサイズ
そう、アーモンドチョコレートサイズ!!

まずはこのカラフルなミニエッグ。
Cadbury Mini Eggs
20180330 2
(90g入り小袋で£1.2、2袋買うと£2とか)

周りがシュガーコーティングされているので、カリカリとマーブルチョコレートのような食感で
色も可愛く、また様々なパッケージで売られているイースターの定番商品のようです。

20180330 5

さらに、こちら
Galaxy Golden Eggs
20180330 1
(72g入り小袋で£1)

これが見た目びっくり!!
このまま食べるのを一瞬躊躇するくらいゴールデンなんです
どうやら金色のホイルで包まれているわけでもなく、金粉をまぶした?みたいな状態になってます。

20180330 4

が、中はサクサクのクランチが入った美味しいチョコ♥
このお値段で、このゴージャスな見た目、そして味も良いと来たら買いかも♫

そして、そういった卵型のチョコレートや、小さなおもちゃなどを
こういう形の卵型プラスチックカップ(テスコなどのが安い)に入れて、エッグハントするのです。

20180330 6

宝探し的な楽しさなんでしょうね~
自宅の庭でやると「もう一回」「あと一回」と、何度もそれが繰り返され、最後には中に何も入れない状態の卵探しを楽しむ、なんてこともあったな。笑

遊園地などでも、子供向けに様々なエッグハントのイベントがあり(宝探し方式、オリエンテーション式、など)、ホリデー中のちょっとしたお出かけ先に良いのです


さて、今日ご紹介するレシピ
イースターつながりで卵を使ったおつまみにも最適な一品です

Cpicon 半熟うずら卵のキノコポテトサラダ by ケチャ&ウル

「とろとろの半熟うずら卵」
「チンして粗くマッシュしたジャガイモ」
「エリンギソテー」
にお好みのドレッシングをかけるだけ!!

この3つの相性がかなり抜群です♫


実は以前、料理教室の一口おつまみとして考案したのんですが、
その時は、芋に「トリュフ塩」、茸ソテーに「トリュフオイル」で風味づけしていました。
これだけでぐっと芳醇な味わいになりますが、まあなくてもイケます。

また、「うずら卵がないけど作りたい」場合は、普通の卵でも大丈夫
見た目はワイルドになりますが、むしろ卵黄が多い分美味しいです。
その場合は、グラグラと煮えたお湯の中に卵を入れて6分半~7分茹でるとちょうど良いかも。

お試しください♪

半熟うずらのキノコポテトサラダ


ちなみにイギリスには日本人が美味しいと思うようなドレッシングがなかなか市販されていません…
そこで手作りするわけですが
私が作るフレンチドレッシングは、玉ねぎ多めのこちら

『玉ねぎたっぷりフレンチドレッシング』

材料(作りやすい分量)
・玉ねぎ60g ざく切り
・にんにく小1かけ(5g)
・オリーブオイル100㏄(90g)
・サラダオイル100㏄(90g)
・ごま油大匙1強(15g)
・白ワインビネガー65g
・ディジョンマスタード10g
・塩6~8g
・砂糖5g
・ブラックペッパーお好みで少々
→すべてをブレンダーにかけて冷蔵保存。
作りたてより、1週間以上たって味がなじんだほうが私は好きです。

また、和風になりますがこちらのドレッシングもおススメです♫
『玉ねぎたっぷり和風ドレッシング』


スポンサーサイト

トラックバック

GO TOP