FC2ブログ

最近スーパーで発見&感激食材☆「イベリコ豚のソテーほんのり和風な炒め玉ねぎソース(覚書)」、ハリネズミ?!

こんにちは。
このところ朝~昼は肌寒いのに、午後16時前後になると半袖になりたくなる日差し!!
せめてお昼には暖かくなってほしい・・・

そんな今日この頃ですが、先日長女の通う現地校で、スポーツデーなるイベントがありました。
日本でいう運動会のようなものなのですが、それと比べるとゆるさが半端なく、皆と楽しくゲームをする感覚?
生徒各々がチームカラーのTシャツを着るのも、なんだか数日前になって子供から「そういえばワタシ〇色みたい」と申告されるという・・・
(娘のカラーは黄色だったので、黄色いTシャツが見当たらず焦りましたが←弟のTシャツで解決♫)
また、今月中には、日本人幼稚園に通う長男の方の「うんどう会」も予定されていて、今年もそんな季節になったんだな~としみじみ。


さて、今日ご紹介したいのは、引っ越してよりご近所になったスーパー「Waitrose」で見つけた食材のこと。

これですー

201806012 3

「霜降った肉を一般のスーパーで見るなんて何年ぶりかしら」っていう、感動すら覚えてしまった。

イベリコ豚のステーキ肉

これが、普通にパックで売られている!!
嬉しー!!


ロンドンには美味しいスペインタパスやさんがたーくさんあるのですけど(ここ数年のことなのかな?)
個人的に必ずオーダーしたくなるのが、生ハム、パドロンペッパー(スペインししとう「ピメントス」)、米料理、イカタコ、そしてこのイベリコ豚なんです。
豚なのにコクがあって、だけど牛肉でも鶏肉でもない別物の美味しさをかみしめるほどに感じられる肉だなと思うのです

ちなみにこの国のスーパーで買う豚肉=Porkといったら、とても安い♫
でも、赤身が主流で、脂のあるバラ肉やひき肉肩ロース肉なんかは物によって獣臭がきつかったりするのです・・・

「安いから買うけれど、日本で買う豚肉とはなんだかちょっと違うんですけど

豚肉ってのはそんなお肉なのです。
(もう慣れちゃったけど)

そんな豚肉に慣れてきたところへあって、突如姿を現してきたこの憧れ食材「イベリコ豚」
特別な肉やさんに行かないと買えないと思っていたので、これは嬉しかった。
しかもお値段が、100g前後の肉が2枚入って£5台、牛ステーキ肉より安いんです
もっと前から扱ってくれよ~!!

即買いして、早速食卓へ

『イベリコ豚のソテーと温野菜 ほんのり和風な炒め玉ねぎソース』

201806012 1

ソースは、じっくり炒めた(とするつもりがちょっと焦げた)玉ねぎベース。
参考レシピCpicon ポークソテー 本格☆あめ色たまねぎソース by ケチャ&ウル
今回は、ほんのり醤油を効かせて日本人大好きそうな味に仕上げてみました。

付け合わせは、イギリスならではの野菜「パースニップ」やこの時期美味しい新ジャガ「ジャージー・ロイヤル(Jersey Royal)ニューポテト」のローストしたもの、コンソメスープで湯がいた小ぶりで甘いグリンピース「petite peas」。

思わず唸る出来ばえで大満足です

覚書レシピです

【材料】

・ステーキ用イベリコ豚 2枚(100g×2)
・塩、胡椒 適量

ソース
・玉ねぎ 1/2個
・オリーブオイル 大さじ1
・小麦粉 小さじ1/2
・白ワイン若しくは酒 大さじ2
・コンソメ 小さじ1(キューブ1/2個)
・水 100cc
・ベリー系のジャム(ハチミツやみりんで代用可) 大さじ1/2
・醤油 小さじ1
・粒マスタード 小さじ1/2~

【作り方】
①イベリコ豚肉は焼く前30分以上前から冷蔵庫から出しておき室温に戻す、塩胡椒する。
②ソースを作っておく
小鍋にオイル、スライスした玉ねぎを入れ、弱火で(急ぐ場合は弱めの中火でも)じっくりきつね色~飴色になるまで炒める
(じっくり炒めるなんてそんな時間がないワ!という方、この量だと15分間くらい?、炒めてる間に他のサイドメニューを作ったり、洗濯物たたんだり・・・してるとあっという間です)
③へらで押しつぶすと柔らかくつぶれる状態まで炒めた玉ねぎへ、粉をなじませ、ワインを投入
ワインが沸いたら、ジャム、水、コンソメを加えて加熱する。
④「軽く」とろみがついたら火を消し、醤油と粒マスタードを加える。ソース完成。
⑤肉を焼きます。
熱したフライパンにオイルをしき、水気をふきとったイベリコ豚肉を焼きます。最初は強めの中火でにて両面にいい焼き色がついたら火を弱め、好みの焼き加減になるまで加熱します。
その厚みにもよりますが、肉に全体的な弾力が出てくるのが目安のひとつ
⑥付け合わせと共にに盛り付け、ソースをかけたら完成です。

201806012 2

【コツ、ポイント】

イベリコ豚は豚肉ですが、焼きすぎは厳禁です!!
・焼く前に少なくとも30分前には冷蔵庫から出す
・レストランなどで召し上がったことのある方はご存じかと思いますが、ほんのりピンク色くらいのミディアム~ウェルダン手前が美味しい
・牛肉のように最初から強火で焼くのではなく、これは普通の豚肉と一緒で、弱めの中火でわりとじっくり火を通す方が柔らかくジューシーに焼きあがります。

以上、どなたかのご参考になりますように


先日、長男の通う幼稚園で「親子遠足」なるイベントがあり、ロンドンZOOへ行ってきました。
ロンドンZOO行くのは何度目だろう・・・あの頃は・・・と遠い目をしてしまいそうな自分がいますが(笑)

長女(この日現地校が休みだった為、同行)が「ハリネズミが見たい~!!」というので
自由時間にハリネズミを求めてウロウロしてみたのですが、はてどこにいるのやら

私「園の人に聞いてみたら?ママより英語できるじゃん」
娘「やだぁ!!(泣き顔)」

シャイな娘にはハードルが高いらしく、仕方なく係員の方に聞こうとしたところ
娘に教えてもらった「ハリネズミ」の英単語を瞬時にド忘れしてしまい(爆)、母ちゃん焦る焦る!!ドドッと脇汗~!!なタイミングで、そばで見ていた娘が流暢な、しかも丁寧な英語で助け舟を出してくれました。

ていうか、最初からお前が聞け~!!(心の叫び)

で、肝心のハリネズミ。
そういう種類のハリネズミだったのか夜行性動物コーナーにいたため暗すぎてその姿が拝めず

が、こっちの方に親子で盛り上がってしまいました

201806012 4

ミーアキャット!!
ミーアキャットって、手をぷらんとして直立しているイメージなんだけど

まるでハリネズミやん♥

201806012 5

この日一番癒された動物だったのでした

スポンサーサイト

トラックバック

GO TOP