FC2ブログ

ごろごろゴボウのボロネーゼ&香箱座りを下から見た!!

こんにちは。

先週は長男が入院していたので、車で片道20~30分、病院と家を往復する毎日でした。

実は長男、以前からおっさん並みのイビキをかくことが気になっていまして
検査したところ「睡眠時無呼吸症候群」とのこと、肥大している扁桃腺を切除することになりました。
小学校低学年を対象によくある手術のようです。
声もちょっとクリアになって、
これからはあのイビキをきけないのかと思うと、ちょっとだけ寂しかったりもします。笑
とにかく無事退院できたことに感謝

そういえば入院中、元気になるにつれ暇を持て余していた小1男子、けん玉が相当上手になりましたよ



さて、今日ご紹介するのは、パスタソースです。

在英中に格安飛行機で何度かイタリアへ行きましたが、何が美味しいってパスタが美味しいんですよね。
共通しているのはパスタ自体の美味しさとその種類!!
また良く知られた話ですが、「ミートソース」という名称も存在していませんでした。(あるのかもしれないけど、見つけられませんでした)
代わりに「ナントカ肉のラグー(=煮込み)」というのが、いわゆるミートソースで
トマトベースでぽろぽろとしたひき肉が入っている日本のミートソース的なものから、ワインで肉がよく煮込まれてホロホロとしている…デミグラスソースっぽいものなど様々。それを幅広のパスタに合わせて食べるのが常のようでした。

ちなみに「ボロネーゼ」と呼ばれているのは、炒めた香味野菜と牛肉、トマトペースト等をワインで煮込んだ、ボローニャ地方が起源のソース(ragù alla bolognese)なのだそうです。

肉多めワインも多めでがつんとした本場ボロネーゼも美味しいものですが
これから新ごぼうが美味しい季節、肉との相性ばっちりな「ごぼう」を使ったボロネーゼを考えてみました。

お肉とゴボウがごろごろ入った食感が病みつきになること間違いなし

Cpicon ごろごろゴボウの本格ボロネーゼ by ケチャ&ウル
20200215.jpg


20200215 1

【コツ、ポイント】
「じっくり炒めてちゃんと煮込む」が鉄則中の鉄則です!!
野菜はくったりするまでしっかり炒め、肉を加えてから最低30分は時間をかけて煮込むこと。
・ひき肉はなるべく赤身の多いものを使用し、塊で焼くと肉感UPします。
20200215 5
(空いた隙間でゴボウを同時に焼きます)
・味見して酸味がたつようであれば、砂糖2~3つまみ入れると美味しいです。
・トマト缶を加えずに、トマトペースト大さじ1でその代用をすると、より本場のボロネーゼっぽい仕上がりとなります♫

ぜひお試しください


最近、長女(小3)がピアノの練習をがんばってくれるようになりました。

というのも、カワイ音楽教室に通っているのですが
「カワイこども音楽コンクール」という主に小学生低~中学年を対象にしたコンクールに、先生との連弾部門でですが出場させていただくことになり、なんとまさか入賞!!次の大会に進むことが出来るのです。

20200215 9

先生のご指導と、本人の努力の賜物だなぁと思います。

そして長女と最近めちゃめちゃ仲良し?!なのが、ケチャ子
宿題をはじめるとその膝に、ピアノを弾くとその傍らに陣取ります。笑

20200215 4
(「ちょっとケチャ!弾けないよー!」文句言われながらも居座ります)

そんなケチャ子ですが、先日夢にまで見ていたショットを撮らせてくれたんです
20200215 2

香箱座りを下から見ました、の写真

お腹のモフモフにきちんと折りたたんでしまわれたモフモフの手脚と肉球!!
最高!!

なかなかここには乗ってくれないんですけど、この時珍しくここにいてくれて

20200215 3

撮ることが出来たのでした♫ニャホほーい

ついでに昨日バレンタインでしたので、その記録も。
長男には退院祝いもかねて、大好きなピカチューのチョコレート詰め合わせを。

20200215 7
(けっこう高かった!!)

そして久々にトリュフを作りました。
急に思い立ち、夕ご飯の支度中に仕込みましたので中身は2種類。

20200215 6

粉糖まぶし コーヒー風味に刻んだラムレーズン
他 スウィートチョコ&ブランデー《覚書》

残ったチョコにはグラノラを加え、子供達にロックチョコを作ってもらいました。
ああでもないこうでもないと言いながら、結局こんな仕上がりに。

20200215 8

主人にどれをプレゼントするのかを聞いたところ
長女は、「私が一番食べたいと思った、これ」と一番立派なものをさし
長男は、「え~、これかなぁ」と一番ちっこいやつを指さしていました

スポンサーサイト



トラックバック

GO TOP