南イタリア(ナポリ、カプリ島、アマルフィ)旅行⑤美しい庭園の街、ラヴェッロ

中断しておりました、旅行記です。
今年の春に訪れた南イタリア(ナポリ~ポンペイ~カプリ島~アマルフィ)旅行のこと、4日目。

2日目の午前中にナポリ観光、午後にポンペイを見学した後はソレントに一泊し
そこから高速船に乗ってカプリ島へ、ここに一泊して4日目の朝一で青の洞窟に行き、午前中にはアマルフィ海岸を車で移動して目的地へと向かいました。

アマルフィ海岸(Costiera Amalfitana)

ソレント半島南側からサレルノ湾に面した海岸を呼び、世界遺産にも登録された美しい海岸です。

20170815 1

一説では「熱海と変わらない」ともいわれるらしいですが
入り組んだ海岸、その断崖絶壁にカラフルな建物が経つ姿がやはり見応えがありました。

そして、海岸沿いの道路がけっこうせまく片道一車線である故、大型バスなどが行き詰まると渋滞が発生したり
また高速ですれ違ってくる車や、目の前見えませんけどーな上り斜面のカーブがスリリング!!

20170925 25

ちょうどお昼時だったので、途中レストランに寄りました。
ここもまた絶景レストランでした。眺めで言えばこの旅行中一番だったかもしれません。

20170815 3
(景色を横目に「公文」。かわいそうにと思いつつ、旅行中のお供なのです…)

到着したころは人もまばらでしたが、店を出る時は賑わいだしていました。
朗らかなサービス、鮮やかな絵皿に盛り付けられた料理も美味しかったです。

20170815 2

何よりもこのレストランで嬉しかったのが、写真左下「フライドピザ」のサービス

実は、子供達が「ピザピザ」いうので、ピザ目的で探したお店だったのですが・・・

店員「ごめん、ランチはピザ焼いていないんだよね」
(おっとリサーチ不足。カイ、すまん!!)
長男「うえ~~~ん。ピザ~~~!!」と大泣きしてしまい、すると
店員「フライドピザをサービスするよッ」

(揚げたピザかい。ジャンキーだな。)と思ったけれど、
揚げたてのピザ生地?に完熟フレッシュトマトとルッコラをのせ、塩とオリーブオイルで味付けたものでしたが
これがけっこうあとをひく美味しさで、子供達も喜んでつまんでくれたのでした。

20170815 4

チップをはずんでしまいたくなるお店です。

Le Bontà del Capo
Via I Maggio, 14, 84010 Conca dei Marini SA
+39 089 831515

この日は、アマルフィの宿を予約していたのですが、途中「ラヴェッロ」という街に立ち寄ることにしました。
美しい庭園があることで有名なんですと

ラヴェッロ(Ravello)


標高350メートルの高台にある、アマルフィ海岸にある街のひとつです。
古くは4世紀ころに移住してきたローマ貴族が作った集落にその起源をもつという歴史ある街で
12~13世紀には海運業で繁栄し、そのころ造られた邸宅や教会を見ることが出来るそうです。

20170815 5
(大聖堂がたつ街の広場)

11世紀後半に建てられたこの大聖堂、内部にある説教台や扉が見どころなのだそうです。
「わ~人が飲み込まれちゃってる」
「柱の下にライオン!!」なんていいながら

20170815 13
20170815 14
(美しいモザイクでした)

あまり時間がなかったのですが、それでも2つの庭園を見学することが出来ました。

まずは、大聖堂のたつ広場のそばにある建物&庭園
ヴィッラ・ルーフォロ(Villa Rufolo)

20170815 6 1

13世紀、当時の富豪ルーフォロ家が住居として建築した邸宅で、アラブ様式をはじめとするさまざまな建築様式が調和し、当時「宮殿」とも呼ばれていたそうです。その後に所有者を変えながら、荒廃した時代もあったそうですが、19~20世紀にここを所有したスコットランド人によって大規模な修復がなされたのだとか。

20170815 6

外からも見える大きな塔、彫刻が施された柱が美しい回廊や、手入れの行き届いた花々、井戸や池、
どれを写真に撮ってみても絵になる光景です。

また、高台にある街ならではの景色が本当に素敵です

20170815 7

柱列が並ぶ展望台と花壇越しに見える、ティレニア海!!

20170815 8

と、この下にある空間が、修復中なのかな~ちょうど見学不可状態なのが残念ではありましたが、それを抜きにしても満足のいく景色を楽しむことが出来ます。

20170815 9

また、ここでは小さな水路にちょうどオタマジャクシの大群がいたのですが、子供達はそれを見て大喜びでした。

20170815 12

なんで子供ってオタマジャクシが大丈夫なんだろう・・・

20170815 10

歴史ある美しい建物と庭園が、こうして整備されているのがまたすごいな~と
ちなみにドイツの作曲家ワーグナーもここを訪れ曲作りの着想を得ていたのだとか。
という縁があってか、毎年ここで音楽祭が開かれているそうです。

20170815 11
(1932年ここで行われたコンサートの様子?敷地内で見ることが出来ました)

もうひとつの庭園は、街の外れにありました。
子供達は「ええ~~また歩くの?やだ~~」とぶーぶー文句たれながら

20170914 1

途中、街の教会や素敵ホテルのエントランス、のどかな家庭菜園風の風景などを横目に細い坂道をひたすら歩き、
その先に入口がありました。

20170914 2

ヴィッラ・チンブローネ Villa Cimbrone

11世紀、ラヴェッロのはずれにある広大な土地に建てられた邸宅で、以降所有者を変えながら、20世紀初頭、イギリス人により再興されたそうです。敷地内にはホテルやレストランも併設されていて、絶壁にある展望台がもう言葉をなくす美しさでした。

入口入ってすぐにチケットを購入し、そこでもらったMAPを見ながら散策します。
まずはチケット売り場近くにあった建物内の回廊へ。

20170914 12

これもいくぶん修復されているそうですが、それでもところどころが朽ちてしまっている雰囲気がなんとも素敵です。

次に、「無限の並木道」を抜けて、絶壁の方へと歩きました。
ここへ来る前、「歩きたくない」とあんなにぶーたれていた子供達でしたが、急にテンションUPしてくれました。

20170914 3

これといった並木はないんですけど(笑)、桜や紫陽花、フジの花など季節折々に美しい花を楽しめるそうですよ。
長く美しい「並木道」の先には、彫像がありました。

20170914 4
(この写真だと小さくてよくわかりませんが、豊穣の神様の彫像だそうです)

そして、「無限のテラス(Terrazza dell’ Infinito)」へ。

うわぁ

言葉ではうまく表現できないけど、感動が口をついて出てしまう、そんな展望台です!!
崖の上につくられているので、空につながる空気が肌で感じられ、
目の前に広がるティレニア海も両手で包み込めるような、上から見下ろしたアマルフィの海岸も綺麗です。

20170914 5

ここにある彫刻は、誰?よくわからない・・・笑
(あとで調べてみましたら、ローマを創設したといわれている神話の世界の登場人物や、その王達だそうです)

右を見ても左を見ても絶景です。

20170914 6

下を見ても絶景
鳥になった気分とはまさにこのことです。

20170914 7

無限のテラスを堪能した後は、行きに通った無限の並木道に沿った小道を歩きました。
途中、ドーム型の屋根の東屋?がありここで腰かけて一休み。

20170914 8

入口近くへ戻ると、バラ園がありました。
幾何学模様のタイルで彩られた花壇と、中央にある日時計が印象的です。

20170914 10

バラ園の先には、Tea Roomと呼ばれる離れがあります。
ここにあったバンビのブロンズ像とか「可愛い~」と思ったんですが、この日は幾度となく子供にカメラを使わせてしまっていたせいか、まさかまさかのバッテリー切れ

以上、こんなにも素敵な、歴史ある邸宅&庭園の散策が楽しめる街、「ラヴェッロ」でした。
続きます。

南イタリア(ナポリ、カプリ島、アマルフィ)旅行①ナポリ厳選観光!?
南イタリア(ナポリ、カプリ島、アマルフィ)旅行②ポンペイ遺跡
南イタリア(ナポリ、カプリ島、アマルフィ)旅行③断崖絶壁の上にある街、ソレント
南イタリア(ナポリ、カプリ島、アマルフィ)旅行④カプリ島~青の洞窟
南イタリア(ナポリ、カプリ島、アマルフィ)旅行⑤ラヴェッロ~歴史ある邸宅と庭園めぐり
南イタリア(ナポリ、カプリ島、アマルフィ)旅行⑥アマルフィ、ポンペイと並ぶ世界遺産「エルコラーノ遺跡」


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

手抜きでご免でも旨いっ!!「ジューシー♫ナスとトマトの和風ドレッシング」、Serpentine Galleries Pavilion&ロンドンに栗の巨木?!

今週末はわりと暖か♫
一昨日の金曜夜には、ご近所友達と約1か月ぶりの家飲み会を開催しました。
大皿に料理をのっけて、ラップをかけたまま持ち寄れる距離って嬉しいなと思います♪


さて、今日ご紹介するレシピは、最近作った手抜きレシピの中から好評だったものを

「ジューシー♫ナスとトマトの和風ドレッシング」

手抜きすぎてごめんなさいって感じです

電子レンジで蒸したナスを、さらにフライパンで香ばしく焼いて、ざく切りにしたトマトと玉ねぎと共に
お好みの和風ドレッシングに付け込んで一晩以上おいて完成!!


旨みをたたえたやわらかナスに、ジューシーなフレッシュトマト、シャキシャキの玉ねぎに、ほっと和む和風ドレッシングの風味それぞれが相当美味しくって、「もっと作っておきゃよかったわ」と思わずにはいられない、そんな一品です。

ナスって夏野菜のイメージですけど、秋のナスってのもまた最高に美味しいと思うのです。
(イギリスに来て以来ご部沙汰していますが
覚書程度になっていますが、ぜひぜひお試しください

20170924 2

【材料(作りやすい分量)】

・ナス 3~4個(米ナスなら1個)
・オリーブオイル若しくはごま油 大さじ1~2
・トマト 1個
・紫玉ねぎ(普通の玉ねぎでも可) 1/4個
・お好みの和風ドレッシング(なければ、醤油・酢・ごま油各大匙1の割合で作る即席ドレッシングがおすすめ) 適量

【手順】

①ナスは縦に7㎜程度の厚さにスライスして、さらに食べやすい長さに切る。
皿にのせふんわりラップをかけて電子レンジに3~4分かけて蒸しナスにします。
②フライパンにオリーブオイル若しくはごま油をしいて、①の蒸しナスを両面香ばしく焼きます。
その間、トマトをざく切りに、玉ねぎを粗く刻み水にさらしておきます。
③バットなどに②で焼いたナスと、トマト、水をきった玉ねぎをのせ、和風ドレッシングを回しかけ、一晩以上おきます。
④あればバジルなどの青みを添えて♪

20170924 1

【コツ、ポイント】

焼く前にレンジで蒸すことで、少ない油で柔らかくジューシーなナスのソテーが可能です!!
・写真では、家族が日本から調達してきてくれた「ピエトロドレッシング」を使用。
・個人的には一晩以上おいて味がなじんだころが美味しいと思います。

20170924 7
(前述のフライデーナイト!?にも登場しました


今年も、ロンドンのハイドパーク内にあるサーペンタイン・ギャラリー(Serpentine Galleries)で毎年夏季限定で開催されているパビリオンへ行ってまいりました。
(我が家では旦那の趣味?仕事?絡みで、毎年ここへ出かけているのです)

今年は、アフリカのブルキナファソという国出身の建築家ディエベド・フランシス・ケレ氏による設計なんだそうで
(ごめんなさい、国名を初めて聞いたんですけど
彼は小学校を卒業後、大工見習いとして働き、20歳にして奨学金を得てドイツへ留学、夜間高校などを経て30歳にしてベルリン工科大学へ・・・という、ちらっと調べてみたらこりゃ真似できないなという経歴の持ち主!!

20170924 3

中はカフェ&休憩所となってます。
建築のことはよくわからないけど、バランスのとれた美しさの中に木造の温かみを感じられるパビリオンだなと
子供達は滑り台?にはまってました。

さらにこの近くで大きな「Conkers(コンカー)」の木がありまして・・・

20170924 4
(巨木!!)

コンカー、イギリスに来るまで見たことがなかったのですが、日本では「とちの実」として知られているそうです。
一見すごく立派な栗なんですけど、残念なことに栗とは全く違う味。というか渋くて普通に茹でて食べられないそうです・・・

20170924 5

ただ、これを拾うっていうのが、子供達にとっては楽しいらしく
「〇〇が拾ったやつが一番大きい」「その大きいのちょうだい!!」ここでも盛り上がってました。

20170924 6

こんなに立派なのがゴロゴロ落ちているのに、ああなんで食べられないの~!!

と思いますが(笑)
イギリスには大きなコンカーを探して拾い、ぶつけ合ってその強度を競う、という伝統的な遊びがあって、歌にもなっているそうです。

でも食べられないのがほんとに残念。(しつこい



にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

秋の行楽&パーティーに♪「レタスラップでいただく、『しいたけの海老詰め揚げ』」、新しい授業?のこと。

あっという間に9月も後半。
夏場には青く小さかった庭のドングリもいつのまにか大きくなって、庭に沢山落ちてくるようになりました。

この時期を待ってました!!とばかりににぎやかなのがリス達。
ドングリをカリカリと食べるリス、それを庭に穴ほって埋めるリス・・・眺めるだけで癒される日々です
特に庭の窓を開けていると、木の上のリスがドングリをかじってその皮を落とす音が「カラン、コロン」とキッチンまで聞こえてくるのですよ。ちょっと肌寒くてもついつい窓をあけてしまいたくなります



さて、今日ご紹介するレシピは、秋の味覚「きのこ」の中でも、ポピュラーな「しいたけ」を使った料理です。
苦手な方も多いかもしれない「しいたけ」ですが、独特の香りと歯ごたえが他には代えられないですよね。

ロンドンには、日本で売っているのが当たり前のきのこ
例えば、「しめじ」「まいたけ」「えのき」「エリンギ」などは入手がちょっと難しく、
売られてはいるけど、質がいまいちだったり、また高かったりして・・・

その中でも、「しいたけ」だけは「Shiitake」と表記され、生のものがマッシュルームコーナーに混じって売られているんですよ。
形もまちまちで、ぴらぴらと薄かったり、「こんなの売るのか?」と驚くほど小さいものが入っているんです

「う~~む。。。日本で食べたみたいな、しいたけの海老はさみ揚げが食べたいのに」

悲しい気持ちになること多々ですが、
逆にこのダメダメしいたけでも美味しくいただける一品が出来ました

Cpicon しいたけの海老詰め揚げ レタスラップ by ケチャ&ウル

とにかく大きさがそろっていませんので、2枚一組であんを挟めないし、
そんなシイタケでもけっこう高いので、なるべく枚数少なく済ませたいのよね~

という思いもあり、試した結果「挟むんではなく、生地をのせてボール状にしてカラりと揚げる」ことにしまして。
だけどそうするとボリュームが減るし、見た目も貧相になってしまうので、
大好きなレタスまきまき作戦でお好みのタレと一緒にパクリとサラダ仕立てにしてみることに。

これが、レタスラップ好きにはたまらないのです~

シャキシャキレタスや白髪ねぎに、ぷりぷりの海老が詰まったぷりっとしいたけ、2種類のタレがまたよく合います。

シイタケの油跳ねを耐えてでも食べたいッと思える一品が出来ました。
秋の行楽や、パーティーなどにいかがでしょうか。

しいたけの詰め揚げ

【コツ、ポイント】
・あんは粘りが出るまでしっかりと混ぜ合わせます。
・肉あんがしいたけのひだの隙間にも入り込むようにしっかりと付けます。
・白髪ねぎの他、パクチーなどを添えても美味しいです。(完全にエスニックになりますが)


おまけ

癒しのリスさん。
ちろちろ~っと現れて、カリカリとドングリをほうばり、芝生をほじほじ穴ほってドングリを埋めて
またちろちろ~っと去ってゆく。

20170920 1

ロンドンに来て初めてこのリスを見た時は「デカい・・・」その大きさに驚いたものですが
ふわふわのしっぽがたまらんです


長女の学校、最近のこと。

Year3になって、その時間割(といっても結構適当らしい)に
フランス語の授業と、トランペットの授業が出現しました。

20170920 2

弟に「フランス語でさようならってなんていうか知ってる?」と自慢げに話したり
長女の小さな体にはアンバランスなトランペットを持ち帰ってきて、だけどこれを家で練習するわけでもなく(笑)

20170920 3

ていうか、小1とか小2でトランペット?それよりもリコーダーじゃないの?
なんて思ってしまうんですが・・・どうなることやら、楽しみです


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

我が家の大人気&定番!!「オクラチャーハン」、旅先で見かけた人力メリーゴーランド。

長い長い夏休みが終わって、イギリスの学校は9月が新学期&入学シーズン。
長女も今月からYear3になり、新しい制服を着て元気よく通っています♫

8月からその気配はしていたけど、9月ともなると本格的に涼しく・・・というか冷え込んできます。
朝晩の風の冷たさは身体にこたえます。昨晩、ついに暖房のスイッチを入れてしまいました。

先月、買ってしまった箱アイス、これはいつ消費しきれるんだろうか


さて、今日ご紹介するのは、我が家のヘビロテ。
子供達も私も大大大大~~~~好きなオクラを使ったチャーハンです。

食の細い長女ですが、ねばりのある食材が大好きで(オクラ、とろろ、めかぶ、なっとうetc)
ある日チャーハンにオクラを入れてみたところ、「美味しい~」といってもりもり食べてくれたんですよね。

Cpicon 我が家の定番♫オクラチャーハン by ケチャ&ウル

オクラ効果で、チャーハンなのに、「もっちり」
まるでおこわのような食感で、味はちゃんとチャーハン。

長男が卵アレルギーなので、卵を除いて作っていますが、卵抜きであることを感じさせない満足感

チャーハンですから、材料をちゃっちゃと切ってぱぱっと作れるのも嬉しいですね。
我が家では、忙しい時の子供ご飯、私の一人飯など重宝しています。

めっちゃ手抜きなのに、「わーい、今日はオクラチャーハンだ!!」と喜んでもらえるのもまた複雑ですが

20170913 4



【コツ、ポイント】
・オクラは工程3で加熱しすぎない方が、食べる時に程よいサクサク感も残り美味です。

20170913 5

手前みそですが、、写真見るだけで食べたくなっちゃう

そんな、オクラチャーハンから派生したオクラレシピ達
Cpicon オクラのチャンプルー by ケチャ&ウル
Cpicon シャキとろ♪オクラとハムの卵いため by ケチャ&ウル


旅先で見つけた面白メリーゴーランド。

夏の旅行中、こんな手作り感あふれるメリーゴーランドをみかけました。
・・・タイヤで作ったのかな?
動力はおじさんの自転車こぎこぎという、以前も旅先で見かけたことのある類です。

20170913 3

おじさん、子供達の名前をひとりひとり聞いて、「ヘイ〇〇~♪」と呼びかけながら、馬にのせ安全ベルトを装着してくれます。

ペダルこぎスタート

20170913.jpg
20170913 1


けっこうなスピードが出て、遠心力でこんなんなってますけど
自転車をこぎながら、おじさんが子供達をあやしてくれるので、始終子供達のテンションはマックスです。

20170913 2

ぺろぺろ飴までいただきました。
これで、お値段が「チャリティーで」というので驚きです。


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ

冷めても温かくても♫「ナスのバジル風味ソテー」、サルデーニャ島カゴの街。 

ご無沙汰しています。
夏休みの後半、南イタリアの島「サルデーニャ島」へ旅行していました。
(ピンとこない島かもですが、最近日本のテレビ「世界ふしぎ発見」でこの島のことが放送されていたんですよ
日本語のガイドブックもないような場所だったので、一体何があるんだ?とドキドキでしたが
旅行経験のある友達家族や、旅行ブログ、紀行書などを参考に
連日30度を超える猛暑の中、綺麗な海と美味しいご飯を堪能することが出来ました。
それゆえ日常生活に戻るとそのギャップが・・・なかなか始動できずにいます

さて、久々にご紹介するレシピは、「なす」を使った一品

Cpicon ナスのバジル風味ソテー by ケチャ&ウル

実はこれ前回の料理教室でご紹介させていただいた野菜料理のひとつで
ソテーだけど、味はマリネのような、日持ちもばっちりな使えるレシピなのですよ
ナスと相性抜群の味噌を隠し味程度に使い、バジルをこれでもか!!とたっぷり使いました。


ロンドンでは大葉が高級品ですが、ハーブ系は一袋にたっぷり入っていて使い切れないことがあるんですよね
毎回その消費に苦慮するわけです
だいたいは鶏肉のバジル炒めにしちゃうことが多いんですが

炒めたナスのとろりん食感と、バジルの香り。
いつもとちょっと違う「あと一品」やワインのおつまみなどにもおすすめです!!

20170901 11

【コツ、ポイント】
・ナスは予め加熱させておくと、がっつり油を吸うことがなくなります。
バジルを大葉に変えても美味しいです。
・バジルは加熱すると色が悪くなるので、飾り用に残しておいてくださいね。
料理は見た目も大事だと思うのです

20170704 6


今回の旅行先サルデーニャ島で買ってきたもの。

特産品のからすみやパスタ、ワインと、半ばコレクションと化しているネコの置物と、
さらに今回は器関連はゼロで、かわりに大きなかごを買ってきました。

20170901 7

お盆みたいになっています。
敢えてシンプルめな柄と色を選び、並べて飾ったり、重ねて収納できるかな~と
けっこう大きなサイズのものを大小1枚づつ選びました。

20170901 8

このかごは、サルデーニャ島にある「カステルサルド (Castelsardo)」という街の名産品です。
カステルサルドは高台にたつ城壁の周りにパステルカラーの家々が並ぶかわいらしい街でした。

20170901 3
(車窓から)

このカステルサルドでは、昔からかごなどの編み細工が有名なんだそうで、お城にはカゴ博物館があったりするんですよ。
街の中にも、カゴを扱ったお土産ものやさんや、カゴ専門店、道端でおばあちゃんがカゴを編みながら売っている光景なんかも見られます。

20170901 2

聞いたのに忘れちゃったんですけど(笑)、藁や水草?をはじめとする天然素材を主な材料としていて
きゅっきゅっと軽快な音をたてながら、編んでいきます。
大きなカゴになるとけっこう時間を要するそうで、お値段もそこそこするのも頷けるかも。

20170901 6

とあるお店には、カゴをモチーフにしたマグネットまでありました
可愛い!!欲しい!!と思うけれど、どれにしようかかなり迷う・・・

20170901 4

本物のカゴも色々なデザインがあって本当に迷ったのですが、
結局、このおばあちゃんのお店で一目ぼれしたものを購入
「写真をとっていいですか?」と聞くと、ポーズをとってくれました

20170901 5

イタリア語で一生懸命説明してくれて、ランチのお店までおススメしてもらっちゃった。
おばあちゃん、ありがとう

さて、家に帰ってどうやって使おうかな~と考え中です。

20170901 9

パンや果物はもちろんだけど
お花をのせてみたり、おつまみを盛り付けた小皿を飾ってみたり
お皿やナプキン類のとりあえず置き場にしても良いかも。

またサルデーニャのホテルやレストランなどで、よく壁に飾られているのを目にしました。

20170901 1
ので、真似てみました。

なんとも涼し気
しばらく飾っておいて旅行の思い出にふけろうかな。

20170901 10

長女と選んで買ったカゴ型マグネットと、今回コレクションに加わったニャンコです


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ
GO TOP